英語学習全般

目標設定など不要!50代になったら英会話を始めよう

聞くところによれば、英会話の勉強を続けるには目標設定が必要だそうです。
確かに若いうちならそうかもしれません。

しかし、もし50代になって英会話を始めるなら、目標設定は不要です。
その方がきっと英会話の勉強も長続きするし、何より英会話が早く上達するからです。

今回はぼく自身の体験をもとに、「50代から始める英会話に目標設定は不要」という話をさせていただきます

目標設定にバツ印で否定

50代から英会話を始めるのに目標設定など要らない。

ぼくは今50代ですが、正直言えば、そろそろ先が見え始める年齢です。
誰しも自分の人生を振り返り、今まで何を達成できたか、何が達成できていないかを考え始める時期でもあります。

さて、達成できていないことが分かったとして、それをどうするかが問題です。
つまり、そのまま放っておくか、あるいはもう一度チャレンジするか…。
まだ手を付けていなかったことをゼロから始めてもかまわないのですが、“残りの期間”を考えるとあまり壮大なことはできません。

そこで、遠い昔に一度はやったことがあるけれど、中途半端な状態で投げ出したままになっていることをもう一度再開してみるのはどうかと思うわけです。
その1つとして、ぼくが自分と同世代の人たちにおすすめするのが英会話です。

現在のアラフィフ以上の人間は激烈な受験戦争を経験した最後の世代です。
しかし、そうした余裕のなさもあって、受験英語はできても英会話についてはやり残したままになっている人が多いでしょう。
だからこそ50代になった今、英語をもう一度やってみてはどうかと思うのです。

ただし、あくまでも「やり残したこと」をやるわけだから今さら目標などを設定する必要はありません。
つい受験勉強のクセで「目標設定」なんてことを考えてしまうのですが、あえてそれはしない方がいいと思います。

ぼくたちは目標設定という呪縛を逃れることで、やっと受験英語から解放されて英会話を楽しみながら学ぶことができるようになるはずです。

have a breakと書かれたボード

 

目標、目標、目標…の連続で、すでに半世紀も生きてきた

「英語学習のコツ」などというサイトを見ると、どれを見ても「目標設定が大切」と書かれています。
しかしはっきり言って申し訳ないですが、ぼくたち50代に大それた目標など必要ありません。

確かに昔、会社で営業をやっていた人なら短期目標、中期目標、長期目標に追われる毎日だったでしょう。
ノルマもありました
確かに若いうちならそういった目標設定はモチベーションアップにつながりますよね。

しかし50歳を過ぎると、目標を設定するメリットは少なくなります。
その上、今までの人生で、すでに十分過ぎるくらい自分に重圧をかけながら生きてきました。
そして、はっきり言って疲れました。

今さら若い頃と同じことをする必要はありません。
もう、そういうのはすべて卒業しましょう。
だから50代から始める英会話にも目標など不要です。

もし、目標を立てるにしても、せいぜい「映画を字幕なしで観れればいいな」くらいで十分です。
ちなみにぼくの場合、「死ぬまでに英語だけは話せるようになりたい」という気持ちで英会話の勉強を続けています。

それができたからと言って、別に何か利益があるわけでもありません。
でも、「何かを始めるのに今さら利益を追い求めない」というのが50代の生き方だとぼくは思っています。

make this day greatと書かれたボード

 

英語を“趣味化”すれば目標設定しなくても効率は上がる

では、目標設定なしに英会話を続けていくには具体的にどうすればいいのでしょうか?
それは英会話を完全に“趣味化”することです。

ぼくは50代を過ぎてからオンライン英会話を始めました。
英文法も英単語もかなり忘れていましたが、それでもためらうことなくDMM英会話に入会しました。
何のためらいもなかったのは趣味としてやりたかったからです。

また、趣味で始めただけなので、「ミスしたら恥ずかしい」といった気持ちもありません。
自分の発音が下手でもまったく平気です。

それどころか予習で覚えたフレーズを実際に使ってみたくて、毎回、張り切ってレッスンにのぞんでいます。
そのフレーズがかりにうまく通じなかったとしても気になりません。
なぜなら趣味でやっているだけだからです。

毎日新しい英単語が出てきますが、たぶん10個のうち7個くらいは忘れます。
だけど、まったく気になりません。
なぜなら趣味だからです。

それでも毎日やっているので、数週間後、忘れた頃にまた同じ単語が出てくるので、その時に覚え直したりします。
そうするとようやくその単語が頭に定着するので、結局、ボキャブラリーは確実に増えていきます。
受験時代よりむしろ速いペースでボキャブラリーが増えています。
趣味とはいえ、技量がアップするとやはり嬉しいものです。

テレビで外人が英語で話していると、毎日のレッスンのクセでつい聞き耳を立ててしまいます。
つまり無意識のうちにヒアリング練習をしているのです。
時々、テレビの外人の発音をマネしてみたりもします。
そりゃ、趣味だから仕方ありません。

人から採点されたり批評されたりせずに何かをやるということがこれほど気持ちよく、しかもモチベーションが上がるとは思ってもいませんでした。
しかし考えてみれば趣味というのは常にこのようなものだと今さら気づいたしだいです。

 

あえて目標設定せずにやってみる自由と楽しさ

ぼくたち50代はけっこうマジメです。
だから人に「目標設定をしましょう」と言われると、「そういうものか」と思って素直に目標を立ててみたりします。

しかし、いいですか?
そんなこと、もうこの50年間でさんざんやってきたわけですから、もう、そろそろやめにしませんか?

あえて目標を持たず、純粋に趣味として英会話を始めてみましょう。
そうすればきっとこれからの人生、豊かになると思います。
ぼく自身はそう信じています。

オンライン英会話を始めるなら次のどれでもおすすめです。
とりあえず無料体験レッスンを受けてみて、自分に合いそうなところを探してみてはいかがでしょうか。