英会話の学習法

【買う必要なし】最高の英語リスニング教材の見つけ方・探し方

今回の記事は
『アメリカ版YouYubeで最高の英語リスニン教材を見つける方法』の続編です
まだ前回の記事をご覧いただいてないなら、ぜひ先にそちらをご覧ください

とはいえ、一応、前回の記事の内容をカンタンにおさらいしておきますね

YouTubeにはいかにも英語リスニングの練習になりそうな動画がたくさんあります
でも、それらをいくら観まくっても英語リスニングはなかなか上達しません

その理由は
たいがいの動画は視聴者が好奇心をもって見てくれるように作っているため、観る方にしてみれば知らない単語のオンパレードになってしまうから
ということでした

今回の記事では

・実際にどうやって英語リスニングに役立つ動画を探すの?
・具体的にどんな動画を選べばいいの?

の2点がわかるように、例として5本の動画をご紹介します

ただし、これらの動画で英語リスニングを練習してください、というわけではありません
あくまでも動画の探し方の例だと思ってください

どうやって日本語を学ぶの?

ぼくたち日本人がどの国の人たちよりも詳しいことの一つに(当然ですが)「日本語」がありますよね

そこでアメリカ版YouTubeを開き
learnin Japanese
studying Japanese
などのキーワードで動画を検索してみます

すると、海外の人たちの
「自分はこんな方法で日本語を勉強していま~す」
「超むずかしいで~す」
みたいな動画がいっぱい出てきます

普段、英語の勉強で苦しんでいるぼくたちが逆の立場でそういう動画を観てみると、いろいろ学ぶことがあります

また、ぼくたちは英語を、彼ら(彼女ら)は日本語を学ぶという違いこそあれ、お互いに外国語を学んでいるという部分で共感できることもいっぱいあります

それにテーマが「日本語」なので、しゃべっていることが何となくわかります

ここで紹介するのはドイツ人(でも英語ペラペラ)で交換留学生として日本に来ているハンナさんが「日本語の勉強方法」について話している動画です

この種類の動画はたくさんありますが、彼女の英語は生粋のアメリカ人ほど口語っぽく崩れていないので割と聞きやすいです
まずは再生速度をせめて0.75くらいに落とし、英語字幕も付けて視聴してみてください

日本の地下アイドルの一日を追う

アメリカ版YouTubeの検索窓に
Manga(マンガ)
と入れて検索してみたところ、
Day in the Life of a Typical Japanese Cosplay Worker
という動画が見つかったので視聴してみました

この動画のタイトルでは「コスプレワーカー」となっていますが、動画の中では主にChika Idol(地下アイドル)として紹介されています

ナレーションの英語が割と聞き取りやすいので取り上げてみました

外国人、日本のマンガ喫茶を体験する

一つ前の動画と同じく、アメリカ版YouTube で
Manga(マンガ)
と入れて検索してみました
するとたくさんの動画がヒットするので、海外でも日本のマンガが大人気なのがよくわかります
アメリカ人によるマンガのレビュー動画なんかもたくさん見つかりますね

でも、ここでちょっと面白いなと思ったのは日本在住のアメリカ人(?)が日本のマンガ喫茶に初めて行った時の体験を伝えている動画です

この人の英語も比較的聞き取りやすい上、何よりもテーマがマンガ喫茶ですから、話の内容や雰囲気がなんとなく理解できます

アメリカ人が語る『ダウンタウン』ヒストリー

次に
Manzai(漫才)
と入れて検索したところ、面白い動画が見つかりました

ぼくは最初、この動画のサムネイル(YouTubeで動画をクリックする前に表示されている画像)を見た時、てっきり何かの事件の指名手配犯の写真かと思いました(失礼!)

これは日本のお笑い界の大御所『ダウンタウン』について語った動画です
ヒストリーと言っても、彼らが若かった頃のことを中心に語っています

ナレーションの英語がとてもゆったりとしているので初心者用には大助かりです
それでも聞き取りづらければ英語字幕を出してください

先生の英語は聞き取れるのに、他の人の英語は聞き取れない!?

YouTubeの中にはネイティブによる英語の学習動画がたくさんあって、日本でも大人気ですよね
だから今さらこうした動画は紹介したくなかったんですけど、
learnig English
で検索していたら、ちょっとおもしろそうな動画を見つけました

現在、アメリカに住んではいるけど「英語がほとんどしゃべれない」という人はたくさんいます
(なにしろアメリカには世界中から多くの人がやってきますから)

今回、最後にご紹介するのはそういう人たちに向けて作られた動画です

英語教師のベネッサさんのところにはたくさんの相談メールが届くそうです
中でも多いのは
「先生が話す英語はちゃんと聞き取れるようになったんだけど、テレビで人がしゃべっている英語はまったく聞き取れない」
といったメール
つまり、「これって、先生がただ単にゆっくり話しているってことなの?」という問いかけなんですね

こういう感覚って、ぼくたちにもわかりますよね

YouTubeで英語ネイティブが出てくる英語講座の動画をずっと見ていると、確かにその先生の英語だけは聞き取れるようになります
でも、だからと言ってハリウッド映画を字幕なしで観れるようになったかというと、ぜんぜんそうはいきません

こういう現象が起こる理由として、ベネッサ先生は
「私は(表情のない)カメラに向かってしゃべっているわけで、この場合のしゃべり方は人を前にして話す時と微妙に違ってくるのよ」
と言っています

こういうことをキチンと言う人はあまりいないと思いますが、これはぼくたちが英語のリスニング教材を選ぶ上で心得ておくべき目線かもしれません

ちなみにベネッサ先生は「これは英語リスニングの勉強における1つのステップであって、これをクリアしたら次に進まないといけません」といった内容のことを語っています。

まとめ

前回の記事に引き続き、アメリカ版のYouTubeで英語リスニング教材を見つける方法を具体例を紹介しながら解説しました
動画を検索する時に使うキーワードは他にもいろいろ考えられるので、ぜひ、興味のある分野で探してみてください

繰り返しになりますが、大切なのは
すでに自分がよく知っていることをテーマにしている動画
を見つけることです

たとえば柔道を習っている人なら
how to learn judo
で検索するといいでしょう

また、ぼくたち日本人は日本的なお辞儀の仕方に詳しいの
japanese ojigi
で検索すると、日本的なお辞儀の仕方を解説した動画がたくさんヒットします

ぜひ、試してみてください