便利な英語表現

worry は「心配する」、be worried は「心配になっている」

worry&worriedと書かれたカード

worryとworriedの本質的な違いは何でしょうか?

ネット上でよく見かける説明は次の通りです。
—いつも心配している場合はworryで、今、心配している場合はworried—

しかし実際の英会話では次のようなやり取りが聞かれます。

I am worried about you.
(君のことが心配なんだよ)

– Don’t worry about me!
(私のことなら心配しないで!)

両人とも同じ時空で話しているのに、なぜ一方はworry、もう一方はworriedなのでしょう?

その理由は簡単です。
実はworryとworriedの使い分けのルールは別にあるからです。

今回はこの2語の本質的な違いについて説明します。

 

▼こちらの記事に他の重要表現もまとめてあります
日本人が苦手にしやすい英語表現【便利なのに知らないと大損】

worryは動詞、worriedは形容詞、本質的違いはまさにコレ!

背中合わせの男女

まず、worryという単語は動詞です

そして、この単語には自動詞としての使い方と他動詞としての使い方があります。

自動詞としての意味 →「心配する、くよくよする、悩む」

I was worrying about my friend.

私は友人のことを心配している

他動詞としての意味 →「~を心配させる、~に気をもませる」

I don’t want to worry you.

あなたを心配させたくない。

 

次に、worriedという単語は形容詞です

The news made them worried.

そのニュースを聞いて彼らは心配になった。

時々、worriedを他動詞worryの受動態だと思っている人がいますが、これは間違いです。

 

さて、それではいよいよ本題に入りましょう。

I worry about him.

I am worried about him.

最初にも書いた通り、いずれも「私」が「彼」のことを心配しているのですが、では、この2つの違いは何なのでしょうか。

答えはカンタンです。

worryは動詞

worriedは形容詞

これが大きな違いです。
動詞か形容詞かでニュアンスが微妙に変わって来るのです。

 

worry は「心配する」、 worried は「心配になっている」

頭に手を当てて心配している女性

まず、worryは動詞です。

つまり意識的な動作、意識的な心の働きを表現する単語です。

だから同じ「心配する」でも、ある程度、自分の自由意志で心配しているのがworryだということになります。

一方、worriedは形容詞です。

ということは、「そういう状態である」ということを表現する単語です。

だから同じ「心配する」でも、何らかの原因で自然と心配な気持ちになっているというのがworriedだということです。

動詞のworry

→自分の意志で心配する

形容詞のworried

→自然と心配な気持ちになっている

 

この違いをおさえた上で例文を見ていきましょう。

動詞のworryを使う場合

She’s always worrying about something.

彼女は常に何か心配している。

Thank you for worrying about me.

私のことを心配してくれてありがとう。

You don’t need to worry about other people.

他人のことを心配する必要はない。

 

形容詞のworriedを使う場合

She is always worried that her husband might cheat on her.

彼女は旦那に浮気されないか常に心配である。

I was worried because I hadn’t heard from you.

連絡くれないから心配になっていた。

I started to get worried about my health.

自分の健康のことが心配になって来た。

 

Don’t worry ~    Don’t be worried ~

この記事の序文に書いた会話をもう一度見てみましょう。

誰かに

I am worried about you.

私は君のことが心配なんだよ。

と言われ、「ウザいなあ」と思った場合、普通は次のように返します。

Don’t worry about me!

私のことなら心配しないで!

この時、次のような言い方は聞きません。

×→ Don’t be worried about me!

なんなら“Don’t be worried”というフレーズをググってみてください。
はたしてネイティブが書いた文章の中に、このフレーズは出てくるでしょうか?

もうすでに説明しましたが、worriedは無意識にそうなっている心の状態を表現する言葉なので、この心の状態を自分で意識的にストップすることはできないのです。

つまり、心配性の人が他人から「心配するなよ」と言われても、「自分だって好きで心配しているわけじゃない」って言いたくなる心の状態を示すのがworriedです。

これが動詞のworryとの一番の違いです。
もし、どちらを使えばよいか迷ったら、次の基本を思い出してください。

自分の意志で心配するのか、自然と心配な気持ちになっているのか。

自分の意志で心配するならworry。
自然と心配な気持ちになっているならworried。

これだけをおさえておけば大丈夫です。


今回の記事、納得していただけたでしょうか。
ぜひとも実際の英会話の際に使ってみてください。
もし、英語を使うチャンスなんてないよ、とおっしゃるなら、気軽にできるオンライン英会話などがおすすめです。
ここで紹介した表現など、毎回、当たり前のように出てくるので自然に覚えてしまいますよ。

Click→DMM英会話

 

すぐに役立つ英語表現
日本人が苦手にしやすい英語表現【便利なのに知らないと大損】英語表現の中には「その表現」を知らないために言いたいことの半分も言えなくなる、逆に「その表現」を知っているだけで表現の幅が10倍広がる重要なフレーズがあります。それらのフレーズをわかりやすくまとめてみました。...