英文法&発音メモ

wonderとwanderの発音の決定的な違い【これで納得!】

wonder&wander発音の違いは?

wonder(驚く)wander(ぶらつく)の発音を上手に区別できますか?

これは発音記号で言えば「ʌ」「ɑ」の使い分けの問題なのですが、いろんな人の説明を聞いてもわかりづらいですよね。

そこでこの記事では「ʌ」と「ɑ」の根本的な違いをはっきりさせて、wonderとwanderの発音の微妙な違いをわかりやすく説明します。

深く考えていなかった「ʌ」と「ɑ」の違い

私がオンライン英会話を始めたばかりの頃、発音に厳しい先生からしばしば直されるのが「ʌ」の発音でした。

「ʌ」と「ɑ」の発音の違いがまったくわからなかったのです。

実際、この2つは非常に難しいです。
いや、難しいというより、あまり説明を受けて来なかったから、違いがわかりづらいと言った方が正しいでしょう。

そこで今回、この「ʌ」と「ɑ」の違いをしっかりとまとめてみたいと思います。

 

ではまず、ここで「ʌ」と「ɑ」のそれぞれを含む単語を並べてみましょう。

「ʌ」の発音記号を含む単語
but  cup  cut  fun  love  lucky  blood  month  monday  other  must  touch

「ɑ」の発音記号を含む単語
up  not  hot  got  want  stop  modern  model  concert

 

聞くとよけいにワケがわからなくなる説明もある

YouTubeで英語の発音を調べる場合、YouTubeを使うと便利ですよね。
私も発音記号について知りたい場合、よくYouTubeを利用します。

すると日本人やアメリカ人の英語の専門家がたくさんの動画をアップしていて、各人各様に様々な説明をしています。

でも、それらを片っ端から観ていて思うのは、ほとんどの人は自分の説明に都合のいいように発音を実演して見せているのではないか、ということです。

たとえば「ɑ」の発音記号は「あくびをする時のようなアです」と言いつつ、実際にあくびをするように大きく口を開けて「ア」と発音している、といった感じです。

でも他の動画を観ると、他の人は別にそれほど大きな口を開けて「ɑ」の音を発音していません。

だからそういう説明をいくら聞いても納得できないばかりか、逆にますますワケがわからなくなってしまいます。

 

wonderの「ʌ」は出す息をケチって、すばやく「アッ」

まず、wonderで使う「ʌ」の音から考えてみましょう。

これはよく日本語のアに最も似ている、と言われます。

しかしこれはたぶん他のア、つまりæやəがあまりに日本語のアとは違い過ぎるため、それらと比べるとまだ日本語のアに近い、というだけのことでしょう。

「ʌ」は基本的に息を出すのをケチりながら「アッ」と発する音です。

息をケチっているわけですから、決して「ア~」とは伸ばしません。

また、あまり息を出したくないわけだから、自然と口の形も小さめになるし、口の内部も狭くなります(特に口の中の天井が低くなります)。

仕方がないので口先だけ使って「アッ」と言っている感じです。

聞いている人からすると、なんだか不機嫌な声を出しているように思える音です。

だからloveとかluckyなどの幸せそうな単語を言っていても、音が「ʌ」だから少し暗めに聞こえます。

これが「ʌ」の音の雰囲気だと思ってください。

 

wanderの「ɑ」は余裕を持って、伸ばし気味に「ア~」

次にwanderで使う「ɑ」の音についてです。

この音を「あくびをするように」という人がいますが、ネイティブが発音するところを見ていても「あくびをするほど」口は開きません。

もし開けるとしても、せいぜい「あ~ぁ、なるほど~」という時の「あ~」くらいでしょうか。

この音は「ʌ」のように息をケチったりはしない音なので、短母音であるにもかかわらず、多少、「ア~」と長めに発音する場合が多いです。

発音した人からモノがポーンと飛んでくるような音声です。

だからhotを発音する場合も、「ハット」というよりむしろ「ハ~(ット)」と聞こえます。

私は英会話を習いたての頃、先生が

It is hot today.
今日は暑い

と言っているのを

It is hard today.

と聞き間違え、いったい何がそんなにキツイのだろう?と思ったことがありました。

この「ɑ」は息をケチらずに発音するので、「ʌ」に比べれば確かに多少は口を大きく開きます。
でも、それはあくまでも結果的にそうなるだけであって、必ずしも口を大きく開けなければならないわけではありません。

 

「ɑ」の音は短母音であるにもかかわらず長めに発音することが多い、と書きましたが、実際、「ɑ」には長母音のバージョンが2種類あります。
それは「ɑː」「ɑːr」です。

この2つは発音記号としては「ɑ」とは別の種類として扱われています。
でも、この2つの長母音があることから、「ɑ」はもともと「伸ばす音」と親和性があるということがわかりますよね。

逆に「ʌ」のお仲間に「ʌ ː」という発音記号はありません。

「ɑː 」の発音記号を含む単語
father  last

「ɑːr 」の発音記号を含む単語
start  hard  heart

 

wanderとwonderをネイティブはどう発音しているか

「ʌ」と「ɑ」を並べて発音すると、「ʌ」を低い音で小さめの声、「ɑ」は高い音で大きめの声として、お手本の発音を聞かせてくれるネイティブが多いです。

でも、次の動画の発音を聞くとそうでないことがよくわかります。

次の動画の1分45秒のところから

I wonder what to cook for dinner as I wander around the grocery store.

というセンテンスをが読まれるので、そこに出て来るwonderとwanderを聞き比べてください。

最初のwonderは高い音で大きく言い、後に出て来るwanderは低い声で小さめに言っています。

では、どこが違ったかと言うと、結局、次のような点です。

wonderは「ンダッ」とやや短めに発音

wanderは「ワーンダ」もしくは「ワァンダッ」

 

 

wonderは「ワンダッ」、wanderは「ワ~ンダ(ワァンダッ)」

最期にまとめておきたいと思います。

まず、「ʌ」と「ɑ」の発音の違いは音の高低の問題ではないということです。

また、どちらの音が「アに近い」とか「オに近い」という問題でもありません。

考え方としては、次のようなことを意識しておけばよさそうです。

「ʌ」のwonder
出す息をケチりながらすばやく
「ワンダッ」
口を開けるのもめんどうだっていう気持ちで短く発音する。

「ɑ」のwander
出す息はケチらず、基本的にやや長めに
ワ~ンダ
すばやく発音をする場合は
ワァンダッ
となる。