オンライン英会話

オンライン英会話が向いている人、向いていない人

何であれ人間には「向き、不向き」というものがあります。
それは英会話の勉強方法でも同じです。

特に英会話スクールとオンライン英会話のどちらかを選ぶ場合はご自分の適性をよく考えた方がいいでしょう。

この記事ではオンライン英会話が向いている人の特徴を11個あげています。
迷っていらっしゃる方はぜひ参考にしてください。

YES、NOのカード

オンライン英会話が向いている人

お金がない人

オンライン英会話の一番の魅力は何といってもその料金の安さにあります。

たとえば私が利用しているDMM英会話の場合、もっとも一般的なプランで1レッスン(25分間)209円です。

英会話スクールの高額な授業料に比べると天と地ほどの差がありますよね。

田舎に住んでいる人

私自身が田舎育ちだからわかるのですが、地方の場合、英会話スクールの数も先生の数も選べるほど多いわけではない、というのが実情です。

しかしオンライン英会話なら(運営会社にもよりますが)数千人の先生の中から自分に合った先生を選ぶことも可能です。

シャイな人

他の日本人の生徒がたくさん聞いている前で慣れない英語を話すのって少し恥ずかしいですよね。

でもオンライン英会話なら自分の英語を聞いているのは先生だけです。

子供のように間違いを恐れずにしゃべることができるので、英会話の上達も早いです。

若い人といっしょに習うのが嫌な人

私がオンライン英会話を選んだ理由の1つに「自分の年齢」というものがありました。

私は50代から英会話を始めたので、さすがにスクールで20代や30代の人たちと机を並べて勉強するのには抵抗がありました。

もし、私と同じような思いを持っている人がいるならオンライン英会話がおすすめです。

ちにみにオンライン英会話には若い先生もたくさんいますが、ほとんどの先生は日本人より大人びている上、敬語がないなど英語そのものの特性もあって年齢差をあまり感じることはありません。

スクールに通う時間が融通できない人

英会話スクールの授業時間はたいてい朝10時から夜9時くらいまでです。
これでは通勤、通学で日中の時間が縛られている人は通えないでしょう。

でもオンライン英会話なら出勤前、あるいは深夜でもレッスン可能なところが多いので、その気になれば毎日でもレッスンを受けられます。

集団レッスンが嫌な人

自分が入ったクラスに自分よりレベルの高い人ばかりがいたり、逆に自分よりレベルの低い人ばかりがいる場合、その中で一緒にレッスンを受けていては効率が悪いだけです。

それが平気な人は大丈夫ですが、嫌な場合はガマンしてまで英会話スクールに通うべきではありません。

おしゃべりできる友人がいない人、少ない人

英語の先生は「おしゃべりする友だち」ではありませんが、誰かとしゃべりたいという気持ちはオンライン英会話を続ける上で強烈なモチベーションになります。

その結果、英語が話せるようになるのはもちろん、何といっても毎日英語でしゃべっているうちに気持ちが元気になってきます。

ずっと同じ先生では嫌な人

英会話スクールの場合、担任の先生が付くと言われれば聞こえはいいのですが、もしその先生と相性が合わなかった場合は困りますよね。

ところがオンライン英会話の場合、(運営会社にもよりますが)多くの場合は自分で先生を日替わりで選ぶことができます。

中学英語くらいなら “どうにか” わかる人

「英語なんて一言もしゃべれないからオンライン英会話は無理」とおっしゃる人がいますが、実際には中学英語がだいたいわかるなら大丈夫です。

もちろん最初は先生が何を言っているのか一言も聞き取ることができないでしょう。
それでも2~3か月続ければ、なんとか軌道に乗ります。

どちらか言うと飽きっぽい人

これは私の場合ですが、DMM英会話に入って最初の2か月ほどは会話編のレッスンばかりを受けていました。

しかし途中で飽きてしまい、ニュース教材を選んで受けていたのですが、その後も時々会話編に戻ったり、また別の教材を選んで使ったりと、かなり自由にやっています。

こういう自由なレッスンの受け方ができるのもオンライン英会話のよいところです。

まだ英会話を学ぶ覚悟ができていない人

オンライン英会話の場合、変な話ですが簡単にさぼれるし、退会するのも自由です。

しかもたいがい入会金や教材費などがありませんので、入ってすぐやめても経済的な損失は少なくてすみます。

そう言う気楽さがあるからこそ、逆に私の場合は長続きしています。

自分を追い詰めない…これが長続きの秘訣です。

楽しそうにパソコンを見ている女性

 

オンライン英会話が向いていない人

強制されなければ何もしない人

今、「向いてる人」のところで「いつでもさぼれるのがいい」と書きましたが、それが逆にデメリットになってしまう人もいます。

英会話スクールの場合、たとえば入会金を払ったり受講日が決まっていたりするので、いったん入会したなら簡単にはさぼれなくなります。

そして、むしろその方が続くという人もいます。

そういうタイプの人の場合、オンライン英会話より英会話スクールの方が向いているでしょう。

そもそも英語を習ったことがない人

まったく英語を一度も習ったことがない人、つまりアルファベットを知らない人、あるいは動詞や形容詞の意味が分からない人にはオンライン英会話は向いていません。

なぜなら少なくとも英文法の基礎だけは日本人の先生に習った方が効率的だからです。

ただし、中学生の英語くらいなら今でも大丈夫、というなら安心してオンライン英会話を始めてください。

ひとりで勉強するのが苦手な人

時々、ひとりっきりで勉強するのがイヤ、という人がいらっしゃいますよね。
言い換えると集団レッスンが好きな人です。

こういう方は英会話スクールの方が向いているかもしれません。

オンライン英会話の場合、自分で計画を立てなければならないし、レッスンの予習、復習も自分ひとりでやることになります。

それが苦手な人は英会話スクールがいいでしょう。

パソコンの前で突っ伏している女性

 

向いていないと思っても、オンライン英会話は試す価値あり

始めてみたら、想像していたより楽しいかもしれない

さて、みなさんは自分がオンライン英会話が向いていると思いましたか?

もしかりに向いていないと思っても、実際にやってみると「ハマる」可能性は高いですよ。

私の場合もオンライン英会話というものの存在を知ってから数年間は無視していましたが、始めてみると一瞬でハマりました。

今では数年間を無駄にしたことをちょっと後悔しています。

無料体験レッスンを受けられる

どこのオンライン英会話でも無料体験レッスンを受けることができます。

中にはDMM英会話やレアジョブ英会話のように、無料体験を受けた後に入会すると初月の会費が半額になるところもあります。

ということはせいぜい3,000円程度でとりあえず「25分間×30日間」は受講できるということです。

やってみて損はないと思います。