英語学習全般

「英語が話せる人はカッコいい」は半分事実;その理由は?

書棚の間で本を読むかっこいい男性

今回は「英語を話せる人がカッコよく見える理由」について書いてみました。
先に結論を書いておくと、その理由は2つあります。

① 意外にも努力家だったとわかるから
② 急に価値ある人に見え始めるから

この2つは男性、女性のいずれにも当てはまります。

そしてこの2つ以外に、例えば
「知的に見えるから」
「頼れそうだから」
「仕事ができそうだから」
「お金を持っていそうだから」
などは単なるオマケに過ぎません

では、なぜ先にあげた2つが「英語を話せるとカッコよく見える本質的な理由」なのか、その理由を詳しく書いてみたいと思います。

 

「努力なしで英語は話せない」という真実を全日本人が知っている

英語で書かれた「学ぶことをやめるな」の文字

皆さんは遅くとも中学生になると同時に英語の勉強をスタートしたはずです。

その後、高校の授業で、また人によっては大学でも英語の授業を受け、さらに社会人になってからも英語の勉強を続けている人がいらっしゃるでしょう。
しかしそれほど英語を勉強しても、実際に話せるようになる人はごくわずかです。

ところが今、目の前にアメリカ人とごく普通に英語を話す人がいたとしたら、あなたはどう思いますか?

多くの日本人は子供の頃からさんざん英語を勉強してきても話せるようにはなりません。
(これは単に日本の英語教育が間違っているからだと思いますが)

だから英語が話せるその日本人が今までやってきた努力に対しては素直に「すばらしい!」と思うでしょう。
そして心の中で拍手を送るはずです。

なぜなら英語を話せるようになることが、どれだけ大変なことかがわかっているからです。

たとえいつもはボーッとしている人でも、英語が話せるとわかった瞬間、その人を見る周囲の目は変わります。
「実はすごい努力家だったんだ」と…。

そして、みんなその人物をリスペクトし始めます。
この日本では、英語が話せるという事実はそれだけのインパクトを持っているのです。

 

男女とも、英語が話せる異性には神秘性を感じる

神秘的な女性

「英語を話せる人は隠れたところで努力をしてきたのだろう…」
たいがいの日本人はそのように考えます。

「しかし、いったいいつ、どこで、そんな努力をしてきたのか!?」

それがみんなにとっては謎なんですね。

この人はいったいどんな人生を歩んできたのだろうか?」
という想像力をかき立てられるのです。

それで、どうやって英語を身に付けたのかを聞いてみると、
「オンライン英会話をやっている」
など、期待に反して平凡な答えが返ってくるのですが…。

それでも簡単には納得できないんですね。
やはり日本人は英語が話せるということに対し、一種の神秘性を感じる傾向があるのです。

この神秘性は特に異性に対して強烈に働きます。

女性が英語を話す男性を見る時もそうですし、逆に男性が英語を話す女性を見る時もそうです。

そしてこの神秘性はその人物の価値をぐんと高めます。
特に異性に対してはめちゃくちゃ魅力を感じるようになります。
それを考えると、英語力というものにどれだけの魔力があるかが想像できると思います。

 

帰国子女の苦労は理解できるが、正直、努力は感じない

積まれた何冊もの本

帰国子女の方たちは幼いうちにアメリカなどで何年も過ごすため、ネイティブ並みの発音で英語が話せる人が多いですよね。

そういう帰国子女にも、実は帰国子女なりの苦労がたくさんあると聞いています。
また、日本に帰ってきてからの大変さもあったでしょう。
その結果、数々の苦労を乗り越え、今、魅力的に輝いている人も大勢いらっしゃると思います。

でも、ただ英語が話せるという理由だけで、
「帰国子女の人たち=努力家」
というふうには見えないのですね。
なぜなら「英語を話せて当たり前」という思いがあるからです。

また、英語が話せるということに対し、さほど神秘性を感じることもありません。
なぜならアメリカ人が英語を話しているのと同じにしか見えないからです。

これに対し、発音はネイティブレベルにはほど遠くても、いつ努力したのか日本にいて英語がしゃべれるようになってしまった人に対しては、日本人は恐ろしいくらいにリスペクトする傾向があるのです。

 

どの程度の英語力があればカッコよく見えるのか?

ここまで読んでくださった方は、
「じゃあ、英語を話してカッコよく見られるには、いったいどれだけ努力いないといけないの?」
と驚かれるでしょう。

実を言うと、日本人が中学時代以来、テスト、テスト、テスト…と追いまくられてきたような「実りの少ない努力」をする必要はありません。

それに、何もわざわざTOEICで900点とか取る必要もありません。

英語を話すためのコツをちょっと習えばいいだけです。
極端なことを言えば、単語や文法は中学英語のレベルでもかまいません。
中学英語であっても100%駆使すれば相当なものですよ。

不思議なことに、たとえ中学生英語のレベルであっても、全く英語が話せない人が聞くと流暢に話しているように聞こえるのです。

そして、そういう英語なら日本にいても十分に身に付けることができるでしょう。
方法はいくつかあると思いますが、もし勉強時間が十分にとれないとか、お金に余裕がないというのであればオンライン英会話で十分です。

大切なのは、とりあえず始めてみることです。