オンライン英会話

オンライン英会話でフィリピン人講師の笑顔に癒される日々

こんにちは、みやさくです

ぼくは今、DMM英会話をやっていて、ほぼ毎日、ほとんど日課のように英会話のレッスンを受けています

とはいえ、レッスンというほど堅苦しいものではなく、むしろ楽しいから続けていると言った方がいいでしょう
そして、この楽しさを主に提供してくれているのがフィリピン人の講師たちです

DMM英会話には130か国以上の講師がいますが、ぼくがついついフィリピン人講師のレッスンばかりを予約してしまう理由などを書いてみたいと思います

コミュニケーションをとる時の距離感の近さがいい

DMM英会話で、ぼくは毎回ほとんどフィリピン人の女性講師のレッスンを受けています

どこがいいかというと、まず、その人なつっこい笑顔ですね!
笑顔というのはコミュニケーションの距離をぐっと近づけてくれるものですね
ぼくは今さらながらそれを教えてもらったような気がします

そして彼女たちの笑顔はほんわかしたムードを作り出すのですが、このほんわかムードとともにぼくが習い覚える英語は、自然とほんわかしてくるように思えます

日頃、日本語では割とギスギスした話をせざるをえないことが多いのですが、フィリピン人の先生相手にいったん英語モードになると気持ちが安らいできます

これはもう単なる語学を越えた、一種のリラクゼーションと言うべきかもしれません

 

オンライン英会話の講師たちは学歴エリートが多い

フィリピン人にとって英語は公用語の1つです
だから幼児の頃からしゃべれると言えばしゃべれるわけです

ただ、それだけではなく、オンライン英会話、少なくともぼくが今までレッスンを受けてきたDMM英会話のフィリピン人講師たちの英語はアメリカ英語にかなり近いと思います

なぜならフィリピンはもともとアメリカの植民地だったため、アメリカ英語の影響を受けている、ということもあるでしょう

さらには近年、フィリピンにはその物価の安さもあってか、世界各国の企業が自社のコールセンターやカスタマーサービスを置いているんですね
そう言うところに就職するフィリピン人たちが自然にアメリカ英語を話すようになるみたいです

だから英語に関してはかなりいい感じなんじゃないかと思いますね

また、少なくともDMM英会話のフィリピン人講師たちは英語教師をやっていた人が多いです
だから教え慣れてる人が多いです

その上、学歴的にもエリートの人が多いです
だから、いくら笑顔がいいと言っても、その笑顔のベースにはしっかりとインテリジェンスの部分があるということですね

 

フィリピン人講師のレッスン料が安い理由

ところで、オンライン英会話と言えばフィリピン人講師…
また、オンライン英会話と言えば、料金が安い…

この2つが結びついて、
あたかも「フィリピン人講師が安っぽい?」
みたいなイメージが1人歩きしていて、とても残念な気がします

そもそもフィリピンの物価って、日本に比べると非常に低いです
だから、稼ぎも安くて大丈夫みたいですね

ここでちょっとフィリピンの職業別の平均月収というのを調べてみると、だいたい次のような金額でした(ぼくは今、この記事を2020年6月に書いています)

学校の先生・・・・・・・・・・・・・・・・・・23,000円
フライトアテンダント・・・・・・・・20,000円
看護師・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9,800円

オンライン英会話の料金が安いのは、物価の安い国、フィリピンの人たちが講師として大勢働いているからですが、実を言うとフィリピンに限らず日本より物価の安い国はたくさんあります
そして、その多くが英語も通じる国だったりするわけで、そういう国出身の人たちがオンライン英会話で講師をやっていると…

だから料金が安くすむというわけですね
決して「安かろう悪かろう」ではない、ということです

 

ネイティブ講師のレッスンを受けるのは後でよい

アメリカ人みたいな英語をしゃべってみたい、というならネイティブ講師のレッスンを受ければよいと思います

ただし、まだちょっとした会話もできないうちから高いお金を払ってネイティブ講師のレッスンを受けるのはコスパ的にマイナスだと思います

そもそも全世界で英語を話せる人のうち、7割以上が非ネイティブです
だから、まずこの7割と会話できればよいだけです