英会話の学習法

リスニングだけ練習しまくっても英会話の力は伸びない

さんざん英語のリスニングを練習していて、
確かに多少は聞き取れるようになった気がする…
だけど全然しゃべれるようにならなーい!!
なぜだーっ!?
って叫びたくなる方、たくさんいらっしゃるでしょう?

実は以前、ぼく自身もそうでした
今までいったい、どれだけリスニングの参考書を買って来たことか…
それなのにいっこうに英会話ができるようにならない自分にジリジリしていたのです…

今回の記事では自分自身の体験からわかった事実として

なぜ、どんなにリスニング練習をやっても英会話の力が伸びないのか?
では、いったいどうすれば英会話の力が伸びるのか?

について、ものすごく根源的な法則を説明したいと思います

 

英会話で必要なのはリスニングよりスピーキングの力

リスニングの練習ばかりやってきたのは失敗だった

ぼくは昔から英語のヒアリング教材にはずいぶんお金と時間をかけてきました
でも、その割にヒアリング力はたいして向上することもなく、もちろん話す方も全然ダメなままでした
それなのに勉強方法をまったく変えようとはせず、次から次へとヒアリング教材を買いまくっていったんですね

ではなぜ、スピーキングの方には力を入れなかったかと言うと、
聞く力が付けば、そのうち話せるようになるはず??
と固く信じていたからなんです
だって、聞こえるんだもん、それをマネすればいいだけじゃん、
って思ってたんです

おそらくこれはぼくだけではく、英語を勉強している多くの日本人もそのように信じているでしょう

実際、就職なんかで必要となるTOEICなんかも「読み、聴き」を主体とした方の試験を指すのが一般的ですよね
でも、TOEICで900点以上とっても、話せない人はたくさんいますよ
だったらなぜ国際コミュニケーション英語能力テストって言うんでしょうかね

オンライン英会話を始めて気づいたこと

さて、そんなぼくに転機が訪れたのはオンライン英会話を始めてからでした
ぼくはだいたい教材レッスン+余った時間でフリートークって流れでレッスンを受けています
レッスンの間、基本的に先生はぼくが理解しやすいようにしゃべってくれる
それに対してぼくは自分の考えを述べないといけないわけです

だから、ここでぼくが黙ってしまったらレッスンが中断してしまうんですね
世に言う「気まずい沈黙状態」ってやつです

だから何かしゃべらないと「マズいな」って気持ちになってしまいます

こうなったらもう、正しい発音だとか「aだっけ?theだっけ?」とか、この場合の時制はどうすんだっけ?とか、そんな細かいこと(?)は気にしていられません

とにかくしゃべらなきゃって気持ちでレッスンを続けることになるんですね

そんなレッスンを繰り返しているうち、ある日、ぼくは大切なことに気づいたんです
そうか、会話で大切なのは自分がしゃべることだ!!

相手の話を聞くより、自分の考えを伝える方が大切

日本人がどういったコミュニケーションが素晴らしいと考えているのかについて、「これは核心を突いてるな」と最近ぼくが気づいた言葉が
聞く耳を持つ
ってやつです

つまり、自分がペラペラしゃべるより、相手の言うことをじっくり聞こうじゃないか、っていう考え方…

ぼくたち日本人はこの変なスローガンを信じ込まされて、今までずっと英語学習の正しいやり方をカン違いしてきたのじゃないかと思っているんです
だから明けても暮れてもリスニングの練習ばかりしていて、肝心の英語を話す練習は軽視してきたのでしょうね

それで自分の考えを堂々と相手に伝えることができないまま、今まで生きてきたのです

外国の人なんか、こっちの言うことなんか聞かずに一方的にペラペラしゃべってきますよ
でも、あれって彼らにしてみれば失礼なことではなく、それが自然なんでしょうね

逆に何も言わず、ただニヤニヤしているだけの方が彼らにしてみれば奇妙に見えるのではないかと思います

 

英会話で自分を救ってくれるのはリスニング力ではなく質問力

相手の英語が聞き取れなくても、たいして損はしない

たまに街で外国人観光客が英語で道を聞いてくることがありますよね
何を言っているのか理解できずにアタフタしているうち、その外国人は残念そうな顔して離れていった…なんて経験をお持ちの方も多いでしょう

でも、外国人に英語で道を聞かれ、その英語が理解できなかったからと言って、ぼくたちは何も損はしませんし、失うものもありません

でも、もし、ぼくたちがアメリカにでも行って、何時までにどこそこに着かないと1億円のビジネスが吹っ飛んでしまう、でも道がわからない…って時に、そこらへんのアメリカ人をつかまえて英語で道順を質問できなかったら、それこそ死活問題ですよ!
英語で質問した後、たとえ返ってくる英語が聞き取れなくても、指で方角だけ教えてもらえば十分です

やっぱりコトバって、
聞き取れないより話せない方が圧倒的に不便だし、損します

世の中を生きていくためには質問する力が必要

とにかく、この世を生きていくためには人に質問しないといけない場面が非常に多いです
というか、質問した方が絶対に得する場面がいっぱいあります

オンライン英会話をやっていると、このことがよくわかります
先生は最初の間はゆっくり話していても、ぼくが理解できていそうだと思えたら、微妙に話す速度を上げてきます
そのうち途中で先生の言うことがわからなくなった時、
Could you speak more slowly?(もっとゆっくり話して)

あるいは
Could you say that again?(もう一回言って)
の一言が言えなければ、ずっとわからずじまいです

もし、先生が
I like ※※※※※
とか言って知らない単語を使ったなら、
You like what?(何が好きなんだって?)
と質問すればいいだけです

そう、極端なこと言えば、単語力なんてなくてもどうにかなります

 

英会話では片言でも話せればリスニングも少しずつ上達する

自分から話しているうち、徐々に聞こえるようなってくる

前にも書いたように、ぼくは長年、ひたすらリスニングの練習に明け暮れてきました
(結果として全然リスニング力はつきませんでしたが)

そして今、オンライン英会話を始めてからはリスニング教材はまったく見なくなりましたね、時間もありませんので
だけど、オンライン英会話で片言英語を毎日たどたどしくしゃべっているうちに、なんと不思議なことでしょう!英語が少しずつですが聞き取れるようになってきたんです!

まあ、もちろんネイティブに本気スピード全開でペラペラやられたら全然だめです
でも、少なくともリスニング教材相手に部屋に1人こもって練習していた時に比べれば、あっという間の短期間でリスニング力が向上しているように思えます

結局、自分が使える言葉しか聞こえてこない

それで最近、ぼくはこんなことに気づいたんです
それは「人は自分自身が使える言葉しか聞こえてこない」という事実です

たとえば誰かとキャッチボールをするとします
ただし相手がどんな大きさの、どんな形のボールを投げて来るかは不明です
もしかしたらピンポン玉かもしれないし、重さ1キロの鉄球を投げてくる可能性もあるとしましょう
これって、めちゃくちゃ怖くないですか?
腰が引けてしまい、本来ならキャッチできるボールもキャッチできないかもしれません

だけど、最初に自分が投げたボールをそのまま相手が投げ返してくるとするなら、これは上手にキャッチできるじゃないですか

コトバってのも、それと同じだと思うんです
たとえ片言でも、自分が口から出しているのと同じ種類の言語なら、案外うまく聞き取れるようになる、ということです

 

自分の英語を聞いてくれる相手を確保することが大事

わずかなお金を払えば自分の下手な英語を聞いてくれる人がいる

英会話を上達するには、とにかく相手を探して話しかけないと進歩しません
だけど実際、自分の下手な片言英語を根気強く聞いてくれるような人っていませんよね

もし、簡単に外国人の友人を作れるような社交的な人なら、そもそもコミュニケーション能力が優れた人だから、英語で困るようなこともないでしょう
でも、ぼくたち普通の日本人はそういったことは無理です
だからこそ、たとえば英会話スクールなどに通ったりするわけですね

本当に世の中、便利になりました
ぼくが利用するDMM英会話など、わずか200円ほどで25分間、外国人の先生がぼくのド下手な英語に耳を澄ましてくれます
一応、「間違っているところがあったら遠慮なく指摘してほしい」と注文を出しているので、ただ聞くだけでなく、時々間違いを教えてくれます
いや、本当は「時々」じゃなく、もっと頻繁に間違えているのですが、先生が優しすぎるのかな…けっこう大目に見てくれるんですね(ホントはいけない)

そろそろ英会話の学習法を考え直す時期ではないか

「日本人の英語教育は読み書き中心で、話す聞くは軽視されている」
などという批判はよく耳にします

でも、今まで述べたように、真実は少し違います

多くの日本人はリスニング中心で練習していれば、
そのうち話すこともできるようになる
と信じています

実はそっちの方が大問題なのです

つまり、「聞く話すは軽視」じゃなくて、
「話すことが軽視」されているというのが本当の現状です

ここらへんに気づいた人が
英会話をいち早く制するのかなって、
最近思うようになりました

まとめ

  • 英会話で必要なのはリスニングより「自分の考えを伝える力」
  • リスニングが苦手より、話せない方がピンチをまねく
  • 英語をしゃべる努力をしているうちに、リスニング力も付いてくる
  • その気になれば、自分の英語を聞いてくれる相手はすぐに見つかる