英語学習全般

オンライン英会話で気を付けたい「日本人独特のしぐさ」

女性が両腕でバツのジェスチャーをしている

人は話す時、言葉を口から出しながら無意識のうちに何かの「しぐさ」をしています。
それは単に個人のクセに過ぎないこともありますが、その「しぐさ」がその国の言葉とワンセットになっている場合もあります。

外国人と話していると、時々そういうことに気付くチャンスがあります。

今回は普段やっているオンライン英会話でたまたまフィリピン人の先生に指摘された『ジャパニーズジェスチャー』について書いてみたいと思います。

初めて★5点満点の先生のレッスンを受けた

あいかわらずDMM英会話のレッスンに励む毎日を送っていますが、つい先頃、★5.00の満点評価を獲得している講師のレッスンを初めて受けてみました。

その講師というのは26歳のフィリピン人女性なのですが、DMM英会話のサイトでその先生の自己紹介動画を観るかぎり「やけに元気のいい女の子」にしか見えなかったのですね。

ユーザーの評価5.00

「うーむ、この先生が★5なのか…」

私はレッスン前にその先生の自己紹介動画を観て、その先生のどこが★5なのかを見極めておこうと思いました。

ところが何度見返しても「やけに元気のいい女の子」という印象しかありませんでした。

他の会員が書き入れたコメント欄を読んでみると、

「楽しいレッスンだった!」
「元気のいい先生だ!」
「ノリがいい」
「声が大きい」
「また受けたい!」
「早口だけどわかりやすい」

などなど、とにかくレッスンを受けた全員に絶賛されていますけど…。

 

若いけど、大阪のオバチャンみたいな先生でした

そしていよいよレッスンが始まってみると、なるほど★5というのはこういう先生のことを言うのか…と納得したわけです。

とにかくテンションが高い!
他の人のコメントにもあったように結構な早口でしゃべってきます。

でも不思議なことに聞き取れるんですよね…。
何を言っているのか、ちゃんと理解できるんです。
こういう英語をしゃべる人って初めて会いました。

印象としては決して女の子って感じじゃありません。
26歳ですでに小さな子どももいるそうで、写真や動画の雰囲気よりは年配に見えます。

しゃべっているのは英語なのに、しゃべるテンションが何となく大阪弁になっている…。
「ああ、これは大阪のオバチャンみたいだな」
と感じました。

普通に会話しているだけでも面白い人だったので、レッスン最初の自己紹介が長引き、そのまましばらく雑談になってしまいました。

 

出た!ジャパニーズ・ジェスチャー

その最初の雑談の中で、その先生が私に対し
「あなた、すでに英語うまいじゃないですか」
みたいなことを言ってきたんですね。

いやいや、それはお世辞でしょうって思い、私は手を振りながら
No,No,No,No,…
と言いました。

すると先生はワッハッハッと笑い、私の方を軽く指さしながら
Japanese Gesture!(ジャパニーズ・ジェスチャー!)
と言ったんです。

これにはちょっとドキッとしましたね。
そうか、顔の前で手を横に振る動作って、日本人独特のしぐさだったのか…。
もしかして、海外ではヤバい意味だったりして…。
そんな心配をしながら、私はとりあえず
Oh,really?
としか返せませんでした。

すると先生は驚いている私の気持ちを察したんでしょうね。
It’s cute. I like it.(かわいく見えて素敵です)
と言ってくれました。
(こういう返し方が★5なんでしょうか…)

彼女は日本のアニメが大好きで、特に宮崎駿作品をよく見ているそうです。
その中に「日本独特のしぐさ」がたくさん出てくるらしく、それで私のJapanese Gestureがすぐに理解できたそうです。

 

その「日本独特のしぐさ」を海外の人はどう受け取るか

指でバツ印をしている女性

顔の前で手を横に振る動作が海外ではどんな意味を持つのか?
かなり気になったので、レッスンが終わるとさっそくネットで調べてみました。
するとこの動作は、国によっては「臭い!」みたいな意味になるそうです。

こういうのって、けっこう恐いですよね。

普段、日本人相手に当たり前のようにやっている動作を外国人相手にしたところ、相手の国ではそれが失礼なジェスチャーだったということはよくあると思います。

オンライン英会話で英語をしゃべっていると、何とかして自分の考えを先生に伝えようとしてジェスチャーが大きくなってしまう場合があります。
でも、そうした自分のジェスチャーを少し点検し直してみないとダメです。

 

おそらく誰もが無意識にやっている危険なしぐさの代表格は?

OKサインをしている女性

たとえば親指と人差し指でOKサインをするのは非常にマズい!というのはすでに多くの日本人に知られています。
(もし知らない人がいらっしゃったらネットで調べてみてください)

しかし、これ以外にも知っておいた方がよい日本人独特のジェスチャーがあるのではないか?
そう思った私はレッスンが終わった後、私はさっそくネットで日本人独特のジェスチャーをいろいろ調べてみました。

そして、1つだけドキッとしたジェスチャーがありました。

首をタテに振る「うなずき動作」です。

この動作そのものは別に危険なしぐさというわけではないようです。
ただ、日本人が当然のように、むしろ話している相手への礼儀とさえ信じて行っているこの動作は「海外の人たちには意味不明な動作」に見えるそうです。

海外の人からすると、こんなに一所懸命に話しているのに、この日本人はいったい何を思って首タテに振っているんだろう?みたいに思われている可能性があるそうです。

海外では相手の話を聞く場合、顔は動かさず、ただ相手の目をじっと見るだけだそうです。

日本人にしてみれば「何だかこの人、まったく無反応だな」と思える表情ですよね。

しかし海外の人にとっては「じっとしていること」がこの場合の大切なしぐさであり、それが同時に話している相手に対する礼儀になるそうです。

腕組みして黙っている女性

言われてみると、海外の映画やドラマを見ていて、話している相手に向かって首をコクコクと振っている人を見た記憶がありません。

そこで普段のDMM英会話でのレッスンを思い浮かべた時、私はとんでもない失敗をしていることに気づきました。
私はいつもほとんど同じ先生のレッスンを受けているのですが、そのお気に入りの先生がダイアログのリスニング練習をしてくださる時、私はいつも首をタテにコクコクと振りながら先生の声を聴いていたのです。
先生はいつもどう思っていたのかな…。
今回のことがあって、私は心の底から思いましたね。
ヤバい!今度から気を付けよう、と…。