便利な英語表現

if only は「感情」に、only if は「条件」に焦点を当てている

if onlyとonly ifと書かれたカード

if onlyとonly ifは同じ2つの語を前後ひっくり返しただけの表現です。

だから何やかや言って、結局、どちらでも似たような内容を伝えることができます。
(意外にこれが理解されていませんけど…)

でも、微妙にニュアンスが違うのは確かです。
そのニュアンスの違い、そしてそれぞれの使い方について、思いっきりわかりやすく解説してみました。

 

▼こちらの記事に他の重要表現もまとめてあります
日本人が苦手にしやすい英語表現【便利なのに知らないと大損】

onlyとifのどちらが先でも同じような内容になる

ケースに入った大金

「もしお金があれば留学する」

この日本語を仮定法過去を使って英語に訳すとどうなるでしょうか?
オーソドックスな形だと次のようなセンテンスになるでしょう。

If I had the money, I would study abroad.

この場合のthe moneyは留学費用のことです。

If only~を使って表現してみる

さて、今度はこれをif onlyを使って表現してみると次のようになります。

If only I had the money, I would study abroad.

お金があれば留学するのになあ

上と同じ仮定法過去で、言っている内容は変わらないのですが、ニュアンスの違いがわかるように日本語訳を少し変えました。

最初のサラッとした言い方と比べ、感じが少し違うのがおわかりでしょうか?

Only ifを使って表現してみる

次に同じことをonly ifを使って表現すると、これまた言っていることは同じなのですが、やはり感じは少し変わります。

Only if I have the money, I will study abroad.

お金さえあれば私は留学する

この場合も仮定法過去にすることは可能ですが、ネイティブの使い方を見ていると実際に過去の話でない限り未来形で使うことが多いようです。

結局、ほとんど同じじゃないの?

ここでもう一度、If onlyを使った文とOnly ifを使った文の日本語訳だけを並べてみしょう。

If only~ お金があれば留学するのになあ

Only if~ お金さえあれば留学する

「If onlyを使った文」は仮定法過去、「Only ifを使った文」は普通の未来形です。

でも結局、言っていることは同じですよね。

ただ、日本語にしてしまうと見えづらくなってしまうニュアンスの違いというものがあるのです。

では、そのニュアンスの違いについて今からご説明します。

 

if onlyは感情に焦点を当て、only ifは条件に焦点を当てる


まず「If onlyを使った文」を見てみましょう。

If only I had the money, I would study abroad.

お金があれば留学するのになあ

これは仮定法なので、一種の願望とか希望を述べているわけです。

他のサイトや参考書などを見ると、このIf onlyI wishに取り換え可能だと書いていたりします。

まさにその通りなのですが、普通の仮定法過去の表現に比べると「留学できないことへの悔しさ」など、より大きな感情がこめられている表現だと言えるでしょう。

次に「Only ifを使った文」を見てみます。

Only if I have the money, I will study abroad.

お金さえあれば私は留学する

これも一応、仮定法ですが、ネイティブの感覚ではいわゆる仮定というより、only ifを使って何かを実現する際に必要な条件を提示する表現のようです。

つまり「自分は留学したいのだが、そのためには資金が必要」というように、事実である条件を述べているわけです。
(ここに感情を入れるかどうかは、その時の話し方しだいでしょうね)

このように考えると、If only~とOnly if~の文には次のようなニュアンスの違いがあることに気づきます。

If only~:感情に焦点を当てた表現

Only if~:条件に焦点を当てた表現

 

if onlyを使った例文

ドライブしているクルマ

If only I had a car I could go everywhere.

クルマがあればどこへでも行けるのになあ。

当然のことながら、If only~の部分を後ろに置くこともできます。

I could go everywhere If only I had a car.

どこへでも行けるのになあ、クルマがあれば。

次に別の例です。

If only I had wings I could escape from this prison.

翼があればこの牢獄から逃げられるのになあ。

このIf only~の節と後の帰結節を2文に分けることもできます。

If only I had wings. Then I could escape from this prison.

翼があればいいのになあ、そうすればこの牢獄から逃げられるだろうに。

ずっとif節と帰結節をセットにして使う場合をご紹介していますが、このif onlyはそのif節だけで使うことがとても多いです。

If only I knew her face.

彼女の顔がわかっていればなあ。

また、ifとonlyを離して使うこともできます。

If it would only rain!

雨さえ降ってくれたらなあ。

ここで最後に「雨さえ」と訳しましたが、当然、このif only~フレーズで「~さえ」という日本語を使って訳してもかまいません。

ただしそう訳した場合でも「欠如していることへの悔しさ」に焦点が当たっていることに変わりはありません。

 

only ifを使った例文

窓の外の雨を眺めている子供

Only if I have time I can do everything.

時間さえあれば私は何でもできる。

I will go shopping only if it doesn’t rain.

雨さえ降らなければ買い物に出かける。

I’ll try it again only if I get a chance.

チャンスさえ得られればもう一度やりたい。

ところでこのonly ifは次の2つの例文のようにbutとともに用いられて、条件であることを強くわかりやすく表現する場合がよくあります。

We will be able to win, but only if we cooperate!

私たちは勝つことができるだろう、ただし協力し合えばの話だが。

I will help you, but only if you pay me one million yen.

手伝うよ、ただし100万円を払ってくれればね。

先ほどif only~の部分を「~さえ」と訳してもかまわないと申し上げましたが、それとは逆にonly ifを必ずしも「~さえ」と訳す必要はありません。

ただ、何かをする場合の条件に焦点を当てているんだということは覚えておいて下さい。

 

さて、いかがだったでしょうか?

if onlyとonlly ifは全然別ものというわけではなく、はっきり言ってよく似ています。

でも、ほんの少し、ニュアンスは違います。
そこのところだけ、おさえておきましょう。

すぐに役立つ英語表現
日本人が苦手にしやすい英語表現【便利なのに知らないと大損】英語表現の中には「その表現」を知らないために言いたいことの半分も言えなくなる、逆に「その表現」を知っているだけで表現の幅が10倍広がる重要なフレーズがあります。それらのフレーズをわかりやすくまとめてみました。...