オンライン英会話

全く話せないのにオンライン英会話を始めてみた!

全く話せないのに、オンライン英会話を始めるなんて無理!と考えている人たちは結構いらっしゃいます

でも、それではオンライン英会話を始める前に、いったいどこで英会話を習うつもりですか?
街の英会話スクールに入学しますか?
それともアメリカにでも語学留学しますか?

でもそれだったら、その後にオンライン英会話を始める必要などありませんよね

最初からスクールだの留学だの、そんなハードルの高い手段をわざわざ選ばなくても、オンライン英会話こそ一番始めやすく、しかも長続きする方法ですよ

そりゃあ、いきなり外国人の先生としゃべるのはキツイかもしれません
でも、もし心配なら、たいがいのオンライン英会話には日本人の講師も在籍しています

しかし目標が「英語で外国人としゃべること」なら、いきなり外国の方を講師に選んでレッスンを受けてみることをお薦めします
間違いなく2~3回で慣れてしまいますよ
まったく英語をしゃべれなかったぼくがそうだったのですから…

今回は「英語が全く話せないのに、オンライン英会話なんかやれないよ」と思っている方の誤解をとくために記事を書いてみました

読み終わる頃にはかなり気がラクになるんじゃないかと思います

全く話せないのにオンライン英会話を始めた理由

まったく話せないのに、勇気があるというか、無謀というか…

ぼくは10代の頃から一応、何度も何度も英会話の勉強に挑戦してきました

まず高校生の時にNHKラジオ英会話を始めてすぐ挫折、大学で英会話の授業を選択しておきながら1回だけ出席して挫折
その後、話題になった英会話本を何冊も購入しては「よし、例文をすべて丸暗記するぞ」と意気込むも、たいてい3日ぐらいで挫折…

しまいには「英会話」と聞くと、反射的に「ザ・セ・ツ!」の3音がどこかから聞こえてくるほど、ぼくの人生は「英会話学習を始めては挫折」の繰り返しでした

なるほどね…でも何で、そこまでして英会話やりたかったの?

日本って狭いじゃないですか…

そこでいったん大失敗したり汚名を着せられたりすると、そのまま再起復活できなくなるような窮屈さってないですか

人間関係で悩むことも多いですよね

でも、もし英語が自由にしゃべれたら、かりに日本でダメでも海外で再チャレンジできそうな気がしませんか?

ぼくにとって、英語ってのは
自由な世界への切符
みたいに思えたんです

だから、いつか必ず英語がしゃべれるようになりたかった!

でも、どんどんトシだけ取っていって、
う~ん、残りの人生、少なくなってきてるじゃないか!
って思った時、
生きてるうちに英会話ができるようになりたい!
と切実に思ったんです

全く話せないレベルでオンライン英会話の初日を迎えた!

じゃあ、ワクワクしながら初レッスンにのぞんだわけね

ぼくが無料体験レッスンを受けたのはDMM英会話でした

希望すれば日本人講師も受けられたのですが、申し訳ないけどぼくがしゃべりたいのは外人さんなので、あえてヨーロッパ系の講師を選んで予約を入れました

で、たぶん何も聞き取れないと思ったので、
メモ用紙に

セイ・ザット・アゲイン・プリーズ?
(もう一度、お願いします)
モアー・スローリー・プリーズ?
(もっとゆっくりお願いします)

と書き、とりあえずその2フレーズだけを暗記してレッスン開始を待ちました

で、うまくいったの?

大失敗でしたね

無理もありません
ぼくは初回からフリートーク・スタイルのレッスンを希望したのですが、これがとんでもなく無謀なことだと気づいたのはレッスン開始からわずか2分後でした

とにかく何も話せない、何も聞き取れない…
こんなことなら教材レッスンにしておくべきだったと後悔しましたが、それも後の祭りです

その時の講師はたぶん素晴らしい方だったと思います

やる気満々でレッスンをお始めになったと思うのですが、ご自分のパソコンの画面に映る日本人生徒(ぼくです!)があまりに「できない」事実に気づき、さぞかしがっかりされたのじゃないでしょうか

おそらくDMM英会話始まって以来、最低の生徒だったでしょう

思った通り、全く話せないまま初日は終わった

それで、またもや挫折した?

25分間のレッスンが終わった後、ぼくは全身汗びっしょりになっている自分に気づきました

ところがですね、今まであらゆる英会話の勉強で挫折を繰り返してきたにもかかわらず、なぜか嬉しかったんですよ

ついに偉大な一歩を踏み出したぜ、みたいな気持ちがふつふつと湧いてきたんです

ホントに無謀な始め方ではありましたが、それでもオンライン英会話というものを通し、生まれて初めて外人さんとちゃんと向き合うことに決めた自分がとても誇らしく感じたのです

今までは英会話の参考書を相手に、汗をかくこともなく1人で英会話の練習をしてきました

でも、この日からぼくは汗をかいて、もっとリアルな英会話の練習をする決心をしたのでした

やっと本気を出したか!

オンライン英会話3回目から「全く話せない」が変わり始める

DMM英会話では2回の無料体験レッスンがあるのですが、その2回目ではしっかり教材レッスンを選んで受講しました

そして3回目、正式会員になって最初のレッスンで、ぼくは一つの試みに挑戦しました
DMM英会話では初めての講師とのレッスンを始めるにあたり

レッスン前にお互いに自己紹介をし合う
レッスン前の自己紹介は省略する

のどちらかを自分で選べるんですね

ぼくは英語で自己紹介なんて絶対無理だと思ったので、無料体験の2回のレッスンでは「自己紹介なし」を選んだのです

ええっ?初めて会った人と自己紹介するのは礼儀でしょ?

でも、3回目のレッスンから、ぼくは思い切って「自己紹介あり」を選びました
すると、レッスンの雰囲気がガラリと変わるのですね、不思議です
オンラインとは言え、講師とぼくとを取り巻いている場の雰囲気がやわらぐというか…

もちろん英語、ろくにしゃべれていません

でも、下手なら下手なりに
マイ・ホビー・イズ…えーっと、リーディング、ウォーキング…
とか言っていると、先生が
Oh!
とか、大げさなリアクション付きで相槌を入れてくれます

たったこれだけのことで、自分の英語が少し通じたような気になって、めちゃくちゃ嬉しくなってしまうんですよ
もちろん、やる気も出ます
ほんとに不思議ですね

下手な英語でも、
ちゃんと受け止めてくれる人がいるって重要だよね

ともあれこの3回目のレッスンから、ぼくはやっと「英語を話せない自分」に慣れました
地に足が付いた、と言うんでしょうか
まだ英会話力は1センチも前進していないのに、今、本当のスタート地点に立てたような気がしたのです

オンライン英会話、1週間で「全く話せない」のカラを破る

それから毎日、とりあえず1週間連続でレッスンを受けました

もちろんまだまだ英語は話せません
講師のしゃべる英語も十分には聞き取れません

でも、講師が情熱をもってぼくに何かを伝えようとしている気持ちはすごく理解できるようになってきました

簡単に言えば、「場に慣れた」ってことでしょうか

ことば以前に、こころが大切ってことよ

そしてたまたま夜のニュース番組でアメリカの現地レポートをやっていたのを何げなく見ていた時のこと、いつもなら字幕を目で追っているのに、インタビューされているアメリカ人の話を必死に聞き取ろうとしている自分にフト気づいたのでした

もちろん、まだまだ英会話は進歩していません

でもその時、ぼくは自分の中で何かが確実に変わり始めているのを感じました

オンライン英会話で「全く話せない」を乗り切る方法

その後、ぼくはほとんど毎日オンライン英会話のレッスンを受けています

今ではレッスンが苦にならないどころが、むしろ毎日のレッスンが楽しくなってきました
そうなってきた理由はレッスンの受け方がわかってきたからだと思います

ほう、
オンライン英会話のレッスンを受けるコツってのがあるんだ?

受け方のコツってのは、やはり予習ですね

まぁ予習ってほどのことではないんですが、一応は教材にざっと目を通します
どの教材を選ぶかにもよりますが、それに目を通すだけだと何分もかかりません

大切なのはその先です

講師はその回の教材にちなんだ質問をしてくるので、その時に自分が英語でしゃべるネタを用意し、英文も作っておきます

ゲッ、自分で英文を作っておくの?

いやいや、自分で英文を作っておくと言っても、ネットにいっぱい例文が出てるじゃないですか

たとえば
「ぼくは昨日、財布を忘れて外出してしまったんです」
って言いたい時、「財布を忘れて外出する」って英語でなんて言うんだろう?と思いますよね…

そこでさっそくパソコンを開いて
「財布を忘れて外出する 英語」
で検索すると、ほらっ
I forgot my wallet and went out
って出てくるでしょう!

そいつはうまいやり方だ!

こうやって、しゃべりたいフレーズを2つか3つ作って覚えておくんです

もちろん変なフレーズになってしまっている場合もよくあります

でも、それを講師相手にしゃべってみると、もし変なら講師が直してくれて、さらにチャットで書いてくれたりするので、それをレッスンが終わったら覚えておくんですね

そして今度、別の講師のレッスンでそのフレーズを使ってみるんです

たったこれだけの繰り返しで、自分で言うのもなんですが、
どんどん英語に慣れていく感じがします

まとめ

どうでしたか?
とりあえず、今回は「全く話せないのにオンライン英会話を始めてしまった」ぼくのいきさつを書いてみました
参考になれば幸いです

  • 英会話ができるということは自由な世界への切符を手にしたようなもの
  • 生きているうちに英語がしゃべれるようになろう
  • 全く話せなくても、オンライン英会話なら何とか大丈夫
  • 最初しゃべれなくて落ち込んでも平気、とりあえず1週間続けよう
  • 予習は意外に大切、やり方しだいでレッスンが楽しくなる