DMM英会話

DMM英会話のレッスンの流れをわかりやすく解説!【初心者用】

DMM英会話のレッスンって、いったいどんな感じの流れになるんだろう?
何かを始めようとした時、そうした疑問や不安は必ず出てきますよね

そこで、この記事ではDMM英会話のレッスンの流れを書いてみました
(一応、初心者向けです)

これから無料体験を受けようと思っていらっしゃる方はぜひ参考にしてください

ClickDMM英会話の無料体験申し込み

用意する機材はとりあえずパソコンかスマホだけでOK

レッスンはパソコンでもスマホでも受けられますが、パソコンを使う場合はカメラ機能が付いているものにしましょう。そして必ずカメラ機能をオンにしてレッスンを受けてください

DMM英会話では以前はSkypeを使っていましたが、今ではDMM英会話のWebサイト内にあるEikaiwa Liveという独自の通信システムを使用しています
したがってSkypeを用意する必要はありません

レッスンを受ける際はDMM英会話のWebサイト内の「予約しているレッスン」のページに入り、その中の「レッスンページに入る」をクリックすればEikaiwa Liveに入ることができます

予約しているレッスン
Eikaiwa Liveについては次のページで詳しく解説しています
スカイプ不要!DMM英会話のレッスン画面の実物を公開

 

レッスンの受け方についての希望を問われる

予約方法についてはDMM英会話のサイトにわかりやすく書かれていますので、ここでは省略します
ただ1つ、「レッスンの受け方についての希望」を問われるところがあるので、それについて補足説明をしておきたいと思います

レッスンを予約する場合、レッスンを受けたい講師のスケジュール表を開き、その中の「予約可」となっているところから希望するワクをクリックします
すると「レッスン予約確認」というページに入ります

レッスン予約確認

その中のレッスン内容のところで「フリートーク」「オリジナル教材」「出版社教材」の中から希望のレッスンを選びます
最初は「オリジナル教材」を選ぶことをおすすめします
次に教材を選ぶわけですが、もし特にこだわりがなければ最初は「会話」の教材がおすすめです

次にレッスン前の自己紹介をどうするかについて問われます

・レッスンにはいる前にお互いの自己紹介の時間を設けてほしい
・自己紹介なしで、すぐにレッスンに入ってほしい

このどちらかを選ぶわけですが、「自己紹介あり」を選んだ方がいいでしょう
自己紹介というのは大切な技術であり、英語力を伸ばすための重要な練習の場でもあるからです

その次に「文法や発音が間違っていた時、先生にどうしてもらいたいか」について問われます

・積極的に指摘してほしい
・会話することを重視したいので、あまり指摘しなくても良い

これは「指摘してほしい」を選んでおくのがベターだと思います

 

レッスン時間が近づいたらDMM英会話のサイトを開く

「予約しているレッスン」のページではレッスン開始30分前から「レッスンまで何分」のカウントダウンが表示されます
また、レッスンページに入ると、そこではすでに1時間前からカウントダウンが表示されています

レッスンページの画像

 

ついでに言っておくと、レッスン開始5分前に自分のスマホに「レッスン開始5分前」を知らせるメールが入ります

ぼくの場合、遅くともレッスン開始10分前には自分のレッスンページに入っています
そして、その日に使いたい教材を開いて先生の入室を待つことになります

たとえばオリジナル教材の「会話」の中の
「レッスン01 Nice To Meet You はじめまして」
を勉強したければ、そのページを開いて先生を待っていてください

レッスン時間になって、先生が入室すると互いにご挨拶をしてレッスンが始まるわけですが、その際、あなたのパソコンと先生のパソコンとが同期していて、先生のパソコンにも
「レッスン01 Nice To Meet You はじめまして」
のページが開いている、というわけです

もしその時に、急に
「レッスン02 How Are You? 元気ですか」に変更したくなったら、いったん「戻る」ボタンで「会話」の目次のページに戻り、あらためて「レッスン02」に入り直せばいいでしょう
しかし、レッスンが始まってしまったら別の教材に変更することはできません
つまりこの場合、「会話」以外の別の教材、たとえば「デイリーニュース」などに変更することはできないということです

 

挨拶→自己紹介→レッスン内容と使用教材の確認→レッスン開始

先生が入室すると、まずお互いに
Hello,  Nice to meet you.(こんにちは、初めまして)
の挨拶をかわします

さらに先生が

How are you?  (ごきげんいかが?)
と聞いてくださるので、

I’m good. Thank you. How about you?  (元気です、ありがとう、あなたはどうですか?)
と返せばいいでしょう

その後、先ほどの「自己紹介はどうするか」と「間違った場合は指摘するかどうか」をもう一度、口頭で確認されます
もしかしたら最初はうまく聞き取れないかもしれませんが、わからなければ「OK」と言っておきましょう

その後、初めての先生とのレッスンの場合は互いに自己紹介をします
ぼくの経験では先生から先に自己紹介を始める人もいれば、「先にあなたから自己紹介してください」と言われる場合もあります

My name is 〇〇〇〇.
ここではDMM英会話のアカウント情報のところで書いたニックネームを言いましょう

さらに
This is my first lesson at DMM.
と言っておけば、「そうか、初心者なんだ」と気づいてもらいやすいでしょう

その後、たとえば
I live in Tokyo.
My hobby is reading books.
などと答えます

他に言いたいことがあれば言ってもかまいません

このお互いの自己紹介というのは短ければ2~3分で終わる場合もありますし、長いと5分くらいかかる場合もあります
ぼくが今まで受けたレッスンの中では、初めての先生との自己紹介だけで10分近くかかったことがあります
レッスンが25分しかないので、ちょっともったいないですよね

自己紹介については次の記事に詳しく書きました
オンライン英会話の自己紹介は下手な英語で十分です

ともあれ、自己紹介が終わるとやっと教材レッスンが始まります

 

基本的に、レッスンは教材通りに行われます

オンライン英会話を始めようかどうか迷っている人の中には「レッスン中、英語がしゃべれなくて沈黙が続いたらどうしよう…」と心配する人がいるようですね

でも、教材レッスンを選ぶ限り、その心配はありません
(もし、あるとするならフリートークレッスンの場合でしょう)

先生はレッスンの中の1エクササイズが終わるたびに
Do you have any question?
と聞いてきます

もし特に質問がなければ
I don’t have questions.
と答えます

ちなみにぼくの場合、さらに
Thank you.
の一言を添えるようにしています

もし、先生の話すことが速すぎてわからなかったりしたら
Would you please say that again?  (もう一度、言ってください)

もし、わからない言葉が出てきたら
What is 〇〇?   (〇〇って何ですか?)

と聞けばいいでしょう

 

レッスンが終わる

こうして25分が経過すると、先生が今日のまとめに入ります
でも、最初のうちは何を言ってんだか、サッパリわからないと思います

そして先生が
I hope to see you again soon. Bye bye!
などと言って手を振っているのを見て、
「あっ、もう終わりか」って気づき、自分もあわてて

Thank you so much.  Bye!
と返事することになるでしょう

最初、慣れないうちはこんな感じになると思います

ともあれ、最初は何が何だかさっぱりわからないうちにレッスンが終わってしまうかもしれません
でも、回数を重ねるうちに少しずつ流れがわかるようになってくるでしょう

最初からカンペキを目指さないことです

英会話スクールとかだと他の人の目もあって恥ずかしい思いをする場合もあるでしょう
でも、オンライン英会話の場合、何も恥ずかしい思いをすることがありません
それがオンライン英会話のよいところです

ClickDMM英会話の無料体験申し込み