DMM英会話

DMM英会話が高品質の教材をすべて無料で提供できる理由

0円、FREEと書かれたイラスト

DMM英会話は月会費がわずか6,480円(毎日1レッスンの場合)。
レッスン1回分(25分間)にすると209円にしかなりません。

こんなに安くて大丈夫なのか?
実は教材費がばか高いのではないか?

そんな心配が先に立って入会をためらっている人もいらっしゃるでしょう。

そこで今回、実際にDMM英会話で毎日レッスンを受けている立場として、この件についてはっきりと書いておこうと思いました。

DMM英会話では全教材が例外なく無料です。
しかも市販の参考書より良かったりして…。

しかし…なぜだ?
なぜ全教材が無料なんだ??

この当然すぎる疑問について、この記事でさらっとお答えいたしましょう。
ついでにそれらの無料教材がどんなラインナップになっているかも2~3分でざっと説明させていただきます。

ClickDMM英会話

 

なぜDMM英会話では全教材が無料なの?

的の中央に矢が刺さったイラスト

オンライン英会話の中には一応「教材無料」とは言いながら、実際には一部を有料教材にしているところが少なくありません。

考えてみると、それも仕方ないですよね。

会員の中には10年くらいレッスンを続ける人もいるでしょう…。
そうなると、その人が10年間はレッスンを継続できるだけの分量の教材を用意しておく必要があるということです。
しかも、その10年分の教材はどれも高品質でなければなりません。

これって想像するだけで大変そうですよね。
教材を作るための初期投資はさぞ膨大になるでしょう。
だから普通は全教材を無料にはできないのだと思います。

では、
なぜDMM英会話は全教材が無料なのでしょう?
無料なのに、なぜ質の良い教材ばかり揃っているのでしょう?

その理由は簡単です。
言い方は悪いですが、もともとDMMという会社はコンテンツ屋さんだからでしょう。
つまり、優れたコンテンツを作って売る、というビジネスモデルを昔から確立していて、それをオンライン英会話に応用しているのでしょうね。

そのノウハウが他社にはマネできないのだと思います。

 

教材の種類も量も豊富、しかも内容がおもしろい

DMM英会話の教材は大まかに言って、DMM英会話オリジナル教材出版社教材の2グループに分かれます。
では順番に説明していきますね。

はっきり言ってオリジナル教材はそこらの参考書より質がよい

DMM英会話の教材の一番の売りは何といってもオリジナル教材だと思います。
とにかく量が多い上、どれも練りに練った内容になっています。

また、日々のニュースをネタにした新作教材(デイリーニュース)もあるので、全教材を終わってしまったとか、新鮮味がなくて飽きるなどということはありません。

オリジナル教材はいつでも閲覧可能

またDMM英会話の全オリジナル教材はレッスンを予約していなくても好きな時に自由に閲覧ができます。
しかも印刷ができるようになっています。
だからレッスンを受けた教材をプリントアウトし、自分独自の参考書を作ることだってできます。

他社の出版社教材

実際に市販されている他社の有名教材をDMM英会話のレッスン用教材として使用できるようにしたものです。

もちろんこれらもすべて無料です。
ただし使用に際しては著作権の都合で少しだけ縛りがあります。
まず、これらの出版社教材はいつでも閲覧可能というわけではありません。
レッスンの予約完了からレッスン終了後1週間までの期間限定で閲覧が可能となります。
また、教材の印刷はできない仕様になっています。

実を言うと、私はまだこれらの出版社教材を使ったことがありません。
もしかしたら永久に使わないかもしれません。
なぜかというとオリジナル教材だけで出版社教材の内容を十分にカバーできると思うからです。
それに出版社教材の中の1つである「Grammar in Use」などは持っていますので、わざわざここで使用する必要もありませんから。

 

10段階のレベルから自分の英語力に合った教材を選べる

とにかく量が豊富、というのがDMM英会話の教材の特長なのですが、入会したばかりの人にとってはどれを選べばよいかわからない、という人がいらっしゃるんですね。

やはり自分に合ったレベルのものを選ばないと、いきなり挫折することになります。

でもDMM英会話の教材は難易度を10段階に分けて用意されています。
だから本当にまったく文法もわからないという人からビジネス英語を学びたいレベルの人まで、実に幅広いレベルに対応できるようになっています。

そしてもし自分のレベルがわからなければ、レッスンの中でスピーキングテストを受けて自分のレベルを確認することもできます。

レベル表(目安とTOEIC点数)

レベル表示 英語力の目安
 1   Beginner 文章は作れないが自分の名前や天気などを言える
 2   Beginner 身近なものについて質問のやりとりができる
 3   Beginner 簡単な自己紹介やちょっとした会話ならできる
 4   Intermediate 簡単な表現でなら食事の注文や買い物ができる
 5   Intermediate 旅行先でも不便がない程度の会話ならできる
 6   Intermediate 自分の意見や計画、映画の内容などを話せる
 7   Advanced 人に苦情を言ったり、医師に症状を説明できる
 8   Advanced 職場で外国人の同僚とコミュニケーションが取れる
 9   Proficient 多彩な表現を使ってネイティブと会話ができる
10  Proficient いわゆるネイティブレベルの会話ができる

 

教材選びについてのちょっとしたアドバイス

すでに書きましたが、自分のレベルがわからない場合はレッスンの中でスピーキングテストを受けるという方法があります。

しかし英会話を習うのが初めてというなら、まずは会話編のビギナーから始めるのが絶対おすすめです。

この会話編のビギナー用教材ははっきりいって相当カンタンです。
もしかしたら何回か受けるうちにばかばかしくなってくるかもしれません。

その時は自分の判断で簡単なレッスンはいくつか飛ばしてしまっても構いません。
そうして多少とも手ごたえのありそうなものを選んでレッスンを受ければいいでしょう。

レッスンは番号通り順番にやっていく必要はないということです。

でも、後の番号になるほど内容が難しくなっていくので、ちょっと飛ばしすぎたかな、と思ったら前の方に戻ることもできます。

このように、学校の教科書みたいに規則とか決まりに従う必要がないというのがDMM英会話のよいところです。

ClickDMM英会話