DMM英会話

DMM英会話で先生のモチベーションを上げる教材選びとは?

デイリーニュースの例

DMM英会話をやっていらっしゃる方は、皆さんどのような基準で教材選びをしていらっしゃいますか?

おそらく「自分目線」で教材を選んでいらっしゃると思いますが、そこにちょっとだけ「先生目線」というものを取り入れてみませんか?

今回は私の体験にもとづく「ちょっと変わった教材選び」を提案したいと思います。
もしかしたら日々のレッスンがいっそう充実するかもしれません。

 

先生の個性に合わせて、その日のレッスン教材を選んでみる

DMM英会話では優れた教材がたくさん用意されています。
でも、あまりに数が多すぎて、選ぶのに苦労しませんか?

特に人気教材の『デイリーニュース』などは世界各地の最新記事を集めて次々に新教材に作り直しているため、もう、どういう基準で選べばよいのか悩んでしまうくらいに数多くの記事がありますよね。

そこで今回はぼくが最近やっている教材選びのお方法をご紹介したいと思います。
それは「その日に予約する先生の個性に合った内容の教材を選ぶ」という方法です。

普通、どの生徒も自分が学びたい教材、自分の弱点を埋められる教材、自分が勉強しやすい教材を選ぶと思います

つまり「生徒ファースト」で教材を選ぶわけです。
もちろんそれは大前提です。

しかしたとえば、その日に自分がやりたい教材が3つあれば、その中からその日に予約した先生の個性に一番合った内容の教材を選ぶ、という方法を加えてみてはどうでしょうか?

さすがに「先生ファースト」とまでは言いませんが、先生の視点も加えて教材を選んでみる、というやり方です。
実際、この方法をやってみると、これも「結構アリだな」と思うようになりました。

 

先生も自分が興味のあるテーマだとモチベーションが上がる

モチベーションと書かれたメモ帳

「先生の個性に合った教材を選ぶ」とは、たとえば音楽好きの先生なら音楽関係のテーマの教材を選ぶ、逆にスポーツに興味がない先生のレッスンではスポーツをテーマにした教材は使わない、といったことです。

言い換えると、「その日に予約した先生の興味に合わせて教材を選ぶ」ということでもあります。

では、なぜ、先生の個性に合わせて教材を選ぶとよいのか?
その理由は単純です。

「先生のモチベーションが上がり、レッスンがいっそう充実するから」
というのが理由です。

 

「生徒がどうして先生に気を使わないといけないの?」と反論する方もいらっしゃるでしょう。
それはまさにその通りです。

オンライン英会話とは言え、かりにも先生ならどんなジャンルの教材でもベストを尽くしているはずです。

とはいえ、先生とて人間ですから詳しい分野もあれば詳しくない分野もあるでしょうし、気乗りするテーマもあればそうでないテーマもあると思います。

ちょっと話が変わりますが、DMM英会話の会話編は一通りやりましたか?
やった方ならお分かりだと思いますが、あの教材の中にはハロウィンやクリスマスをネタにしたレッスンがけっこうありますよね。

でも、ぼくはハロウィンもクリスマスもまったく興味がないので、それらのテーマは全部スルーしました。
まったく興味のないハロウィンネタやクリスマスネタでディスカッションなんてできないからです。

先生だって、こういうことは多少あると思うんですよね。

もちろん仕事としていろんなジャンルの教材を扱い慣れている先生はいらっしゃいますが、それでもやはり先生自身が興味のある教材だと、どの先生も目が輝きます。

ClickDMM英会話

 

デイリーニュースで先生が好きそうな記事を選んでみたら…

箱根から見る富士山

少し前になりますが、『デイリーニュース』の教材を見ていたら、お気に入り講師の1人であるA先生がいかにも興味を持ちそうな記事を発見しました。
「これはA先生にぴったりの話題だな」
そう思ったので、A先生を予約した日のレッスンでそれを使うことにしました。

その記事とは九州にいた住所不定の日本人男性が盗んだママチャリで東京を目指し、なんと11週間も本州を走った後、箱根まで来て警官に逮捕されたという事件を取り上げた記事でした。

そのA先生自身も若い頃から冒険好きだったと聞いていたので、その記事を選んだのでした。

さて、レッスンが始まり、A先生はまず最初にその記事のタイトルを見た瞬間に大爆笑です。
記事を2人で読みながらも、A先生は笑いを必死にこらえながら読んでいました。

その後のディスカッションですが、先生はノリにノッて自分の経験も織り交ぜながら、いろんな表現を教えてくれました。

もちろんその記事でなくても常に一所懸命に教えてくださる先生ではありますが、その日は格別楽しそうにレッスンをしてくださいました。

やっぱりこういうことってあるんだな、と思ったわけです。

ClickDMM英会話

 

自分も先生も同時にモチベーションが上がる教材がベスト

「教材を先生の個性に合わせて選ぶ」と言っても、たとえば会話の基礎編とか文法とか、あるいはシチュエーション別の会話など、規則や定番フレーズを学ぶレッスンではそういうわけにはいきません。

あくまでも1つのテーマをとりあげ、それについてディスカッションを行うような教材の場合に限ります。

また、たとえお気に入りの先生とはいえ、趣味や性格がそこそこ理解できている先生のレッスンにしか使えない方法かもしれませんので、この点は注意してください。

教材を選ぶ時は自分が興味あるテーマを選ぶのがベストですが、さらに先生のモチベーションも上がる教材であればベターだということです。

ClickDMM英会話