DMM英会話

実際の利用者だけが共感できるDMM英会話のデメリット

オンライン英会話を始めるなら、やはり大手のDMM英会話かな…
と思ってネットでDMM英会話を調べてみると、
なんと!そこにはDMM英会話のデメリットがたくさん書かれているじゃないですか!!

それらに一通り目を通してみると、どれも一応は納得できそうな話ばかり
うーん、困ったぞ、
悪口ばかりだな…

しかしその一方で、
DMM英会話に入会する人がすごく多いのも事実

これを一体どう考えればよいのでしょうか?
一つ言えることは、DMM英会話であれ何であれ、外から見ているだけでは本当のことは見えてこないということです

それに、そもそもネットに書かれている内容は数年前に書かれたものだったりします
しかもそういう記事が検索結果の上位に並んでいます
したがって、もはや実情とはかけ離れた内容になっていることが多いです

そんな記事に振り回されて、オンライン英会話を始める機会を失うなんて、すごくもったいない!
そこで、今回の記事ではまずネットに書かれているDMM英会話のデメリットを徹底的に検証することにしました

その後で、実際のDMM英会話の利用者たちがDMM英会話に対し不満をもつとしたら、それは何か、その原因は何か、について考えてみることにしました
これはDMM英会話で実際に英会話を学び続けているぼく自身の思いでもあります

これを読んでいただければ、もう、ネット上のウワサに振り回されることもなくなるでしょう

 

まず、ネットに書かれている「DMM英会話のデメリット」を検証してみよう

DMM英会話の無料体験レッスンは2回しかないのはデメリット?

確かに無料体験を1週間やってくれるところに比べると、2日間は短いですね
でも、無料体験を1週間受けたいと考えている人は、なぜ1週間受けたいのでしょう?
ひょっとして、1週間は受けてみないと自分の英会話がどれだけ伸びるかわからない、と思っているからでしょうか?
だとしたら2日間では短いですね

でも、はっきり言えば、無料体験を2日間受けようが1週間受けようが、そんな短い期間で英会話の力がぐんと伸びるわけがありません
だから無料体験の日数なんてどうでもいいのです
そんなことをオンライン英会話選びの判断材料にするのはナンセンスです

DMM英会話は人気講師の予約が取りづらいのがデメリット?

レッスンを受ける講師を自分で選べるオンライン英会話なら、これはどこでも同じです

もっと言うなら、人気レストランだって人気店の予約は取りづらいです
人気アーティストのチケットも取りにくいです
逆に言えば、どの講師のレッスンでも取りやすいオンライン英会話に入りたいですか?
いつ行ってもお客さんがいなくて、自由に席を選べるレストランに入りたいですか?

そう考えるなら、一部の講師だけとはいえ予約の取りづらい人気講師がいるオンライン英会話というのは、それだけ講師の層も厚いと言うことです

ついでに言うなら、DMM英会話の利用者の間では「講師の予約合戦」とか呼ばれています
だからと言って、みんな嫌がっている風でもなく、結構それを楽しんでいるように思えます

DMM英会話では1回分ずつしか予約できないってデメリット?

DMM英会話では次回に受ける1回分のレッスンの予約しか取れません

だから、好きな講師のレッスンをたとえば明日と明後日の2日連続予約したいと思っても、とりあえずどちらか1日分の予約しか取れないわけです

でも、見方を変えるなら、あなたが取れなかった方の1日を他の誰かが取れるということです
これが不満なのですよね
だったら立場を逆にして考えてみたらどうでしょう?

他の人が先にどちらか1日を予約してしまった
でも、その人が予約できなかった方の1日をあなたは予約できるのです
こう考えると、1回分の予約しか取れないおかげで、チャンスがたくさんの人に行きわたるということがわかりますよね

DMM英会話では予約の繰り越しができないってデメリット?

DMM英会話ではその日に受けなかったレッスンを明日以降に受けることができません

つまり「予約の繰り越しができない」ことになっています

これがデメリットだという人がいます

でも、ここで1つ疑問があります
もし繰り越しができるなら、
その人は1か月にレッスンを30回(または31回)必ず受けるでしょうか?

ぼくの想像ですが、その人は絶対1か月に30回とか31回もレッスンは受けないと思います

「今日は疲れているからレッスンは休んで、その分、明日2回レッスンを受けよう」なんて欲張るのではなく、今日は休んで明日また1レッスンを受ければいいと思います
おそらくそれで、お腹一杯になりますよ

DMM英会話では通信障害でレッスンが中断するの?

ネットの一部の記事では常に通信障害が起こるようなことを書いていますが、利用者のツイッターなどを見ていて、あまりそういった話は耳に入ってきません

「オンライン英会話の宿命だから仕方ない、それが嫌なら英会話スクールに通うべきだ」なんて記事もあります
だったら通信障害でレッスンが中断される確率と、人身事故や大雨などで電車が止まって英会話スクールのレッスンを遅刻または欠席することになる確率と、いったいどちらが多いでしょう?

ついでに書いておくと、現在、DMM英会話では独自の通話システムを導入していて、通常はスカイプを使うことはありません
この独自の通話システムというのはとても便利で、パソコンの1つの画面に先生の顔と小さく映った自分の顔、そしてテキストとチャットが表示されるようになっています
感覚としては、ほとんど対面でレッスンを受けているみたいです

DMM英会話ではネイティブ講師のレッスン料が高いってデメリット?

というより、非ネイティブ講師のレッスン料が安すぎるのです
でも、実際はネイティブ講師のレッスン料も他のオンライン英会話に比べれば安いと思いますよ

続けるのが難しいのもDMM英会話のデメリット?

DMM英会話に限らず「オンライン英会話は続かない」ということをデメリットだという人がいます
でもそれはDMM英会話の責任でもなければ他のオンライン英会話の責任でもありません
あくまで、その人個人の問題です

DMM英会話では時間になっても先生が現れないことがあるの?

正直、あまり聞いたことがありません
もちろん講師も5分間のインターバルでトイレに行ったりすることがあるでしょう
それでもし講師が遅刻してレッスンが5分以上短くなったら、振替レッスンチケットが発行されます

DMM英会話では講師の質にムラがあるって聞いたけど本当?

講師が7000人ほどいるわけですから、それらの講師がみな均一のレベルだと逆に気持ち悪くないですか?
アンドロイドじゃあるまいし…
逆にこう考えてください

高校時代などに嫌な先生が担任になっても、その人の授業を最低1年は受けなければいけませんでした
しかしDMM英会話では自由に講師を選べます
もし、プロフィールだけみてレッスンを受けた講師が気に入らなければ、次回から受けなければいいだけです

 

実際の利用者だけが「そうだよな」って思えるDMM英会話のデメリット

利用者はレッスンを受け終わると、講師に対して★5個満点で評価を付けることができます
そして評価点は少数第二位までの数字で表示されます

評価の低い講師は3.85の人などがいて、評価が高くなると4.98とかの人もいます
そして数えてみたら評価が5.00という人が150人ちょっといました
これはスゴイです
ぼくはまだ5.00の講師のレッスンを受けたことなどありません
4.95くらいでも教え方が天才的だと思える人がたくさんいるので、5.00といったら神レベルなんでしょうか?

ところで、自分がお気に入りの先生の現時点での評価はやはり気になるものです
「おっ、ぼくのお気に入りがついに4.90台に昇格したぞ…うーん、今後は予約がとりづらくなるかなぁ…でも、自分が見込んだ先生だけあるな」なんて、複雑な気持ちになったりして…

さて、★5段階評価といっても評価点は少数第二位まで表示されるため、
集計結果は事実上の500段階評価です
だから利用者たちは講師の評価を0.01ポイント刻みで考えていくことになります

もしかりに予約のとれる講師が2人いたとして、1人は4.93、もう1人は4.94だとしたら、講師の顔の好みによほどの違いがない限り4.94の講師を選ぶ人が多いでしょう

こうして利用者は講師をわずか0.01ポイント刻みで選び分けていくことになります

その結果、0.01ポイントでも点数の高い講師に予約が行ってしまうので、最終的に4.99とか5.00の講師は伝説上の人みたいになってしまうのです

でも実際、たとえば4.91と4.99の間にそれほど大きな差があるとは思えません

それなのに、ここまで細かく点数を分けて表示する必要があるのかな、と思います

いっそのこと、4.7、4.8、4.9のように少数第一位までの表示にすれば、さほど一部の講師に予約が集まることもないと思うのですが…

ともあれ、この「事実上500段階評価」がいわゆる予約合戦を引き起こしているようにも思えます
だからあえて言えば、この
講師に対する細か過ぎる評価点がDMM英会話のデメリット
ではないでしょうか

とは言え、先にも書いたように、この予約合戦を利用者たちは割と楽しんでいるようにも思えます

また、かりにそういう予約合戦にまきこまれたくないなら、今のところ評価は低いけれども教え方は上手、しかも自分と相性の合う講師を見つければよいだけですね

今日はちょっと長い記事になってしまいました

「まとめ」は作りません

おやすみなさい