DMM英会話

DMM英会話|先生によるレッスン中のチャット添削を紹介!

YouTubeを検索すると、オンライン英会話のレッスン風景がたくさん紹介されています
だから耳で聞こえる雰囲気なら、皆さん、だいたいお分かりだと思います

でも、パソコン画面を通して会話を交わしながら、その裏で先生がどんなふうにチャットを使用しているか、ご存じの方はさほど多くないでしょう

今回の記事では実際にぼく自身が受けたレッスンで先生からいただいたチャットの実物をお見せします
実を言うと、自分の英語力のなさを披露することになるので少し恥ずかしいです
でも、オンライン英会話の本当の姿をお伝えしたいと思っているので、恥を忍んでお見せすることにしました

この何本かのチャットを見ていただければ、オンライン英会話って思っていた以上にしっかりレッスンしているんだね、って感じていただけると思います

ちなみにぼくが利用しているのはDMM英会話です
よそのオンライン英会話ではどんなふうにチャットを使用しているのかは詳しく知りません
あしからず…

DMM英会話の先生が話しながらチャットを打てる不思議

ぼくが最近よくレッスンを受けている先生はフィリピン人の女性の方です
DMM英会話の講師になる前はフライトアテンダントやカスタマーサービスを経験されたそうです
非常に品のある方で、常に笑顔を絶やさず、それでいてレッスンのやり方が非常にきびきびしています
まさにプロフェッショナル、プロの英会話講師という雰囲気と風格をお持ちの先生です

その先生はぼくが話す(結構めちゃくちゃな)英語にしっかりと耳を傾けてくださり、しかも不自然なところはさりげなく、それでいて適切に手直しを入れてくださいます
しかも先生とぼくとは25分間中、ずっと会話を続けているにも関わらず、手直しの部分はきちんとチャットにして残してくださるんです
そのおかげでぼくはレッスン後の復習がとてもやりやすいです

今回はその先生のレッスン風景を先生からのチャットを紹介しながら書いていきます
YouTubeとは違った感じでレッスンの雰囲気が見えてくると思います

聞いて理解できない生徒にはチャットで発音指導

この日はスイーツをテーマに英会話の練習をしました

I treated her to show my appreciation.
(感謝のしるしとして彼女にごちそうしました)

このセンテンスをぼくが言った時、この中のappreciationの発音がダメだったようです
先生は「ちょっと待って」って感じで正しい発音を聞かせてくれたのですが、ぼくには自分の発音と先生の発音の違いがよくわかりませんでした
そこで先生がチャットボックスに打ってくれたのが次の文字

微妙なんですが、どうやらぼくの発音は「アプリーシエーション」っぽく聞こえたようです
そこで思いっきり「YAY」のところを強調して発音したら、すぐOKが出ました

それより、ぼくは最後の「shen」って書き方が気に入りましたね
実際、英語では「-tion」を「-ション」ではなく「-シェン」とか「-シュン」っぽく発音しますから、この場合も実にリアルな書き方だと思いました

次はぼくが先生をスイーツ店に誘うというシチュエーションでの会話練習です
ぼくはバーッと話すといつも必要な単語が抜けまくりです

I’d like to eat sweets.
I’m going to the pastry shop.
Do you go with me?

よくもまあ、こんな稚拙な英語をしゃべるもんです(汗)

そこで先生がまず口に出して言い、ぼくが復習できるようにチャットボックスに書いてくれたのがこれ

確かにひどい英語でした
なんでam going toの後ろにgo toを入れなかったのでしょう?

学生時代もペーパーテストでこんなミスはしたことはなかったのですが…
それに先生(女性)をスイーツに誘うのにDo you~はないですよね

この後、先生がぼくにくれた返事がこれ

そうかあ…こういう場合、誘われる方は
I can COME with you~
になるんだ~!
勉強になったわ~

って納得しました

DMM英会話のレッスンでは、常に自分でも信じられないミス連発

次はさらに目も当てられないミスをしました

さっきのシチュエーションの会話の続きで、先生が「あなたは何を食べるの?」と聞いてきたのに対し、ぼくが答えたのは

I will order pie and orange juice.

なぜこんな中1レベルのミスをしたのでしょうか?
先生が返してくれたのが

ぼくは頭の中で必死になって英語を組み立てながらしゃべっていると、いつも冠詞が抜けまくりなんです

これもさっきのシチュエーション・トークの続きです
先生が「あっ、財布わすれてきちゃった」と英語で言ったんです(英文で再現できないのが残念ですが、リスニングはできました)
それでぼくが言ったのが次のセリフ

Don’t worry. I treat you to the shop.

やってしまいましたね
はい、時制の無視です
先生が教えてくれた正しい言い方がこれ

細かいけれど、優しさもある!「DMM英会話」流のチャット指導

今度は中1レベルの単語を間違えてしまいました
先生の「食事の後にスイーツを食べますか?」という質問に対するぼくの返事が

I sometime eat sweet after meals.

先生はその場では指摘しませんでしたが、レッスン後に次のような先生の手直しがチャットボックスに入っているのに気づきました

えっ、こんな間違いしてたんだ!
自分自身、もうガッカリし過ぎて言葉もありません
先生がその場で指摘しなかったのは優しさからでしょうか

次はさっきの質問の続きです
「なぜ食事の後にスイーツを食べるのですか?」
と聞かれ、ぼくはこう答えました

I feel satisfied $※△□×〇◇♯……
実はこの後半の部分は自分でも何を言っているのかわかりませんでした
それで先生が
「だったらこういった方がいいんじゃない?」
と教えてくださったのが次のセンテンス

DMM英会話のその日のレッスンで一番難しかった練習がこれ

次は「スイーツは何が好きですか?」という先生からの質問
「アイスクリームですね、暑い時はアイスですよ、特に夏なんか…」的なことをペラペラしゃべったんですが、長くしゃべった割にはめちゃくちゃだったようで…
先生が「こう表現するといいですよ」って下さった手直しがこちら

英語は簡潔をむねとすべし、ってことですね
またもや勉強になりました

さっきの続きで
「アイスクリームも好きですけど、いちごショートケーキも大好きです」
と言ったところ、
「じゃあ、いちごショートケーキってどんなケーキか説明してみてください」
っておっしゃるので、

It have… no! It has…,has a… piece of strawberry… on …

がんばったんですが、ここで止まってしまいました

先生はここで
on top? or on bottom?
とぼくに聞いてきます

えっ、on bottomってのもあり得るんだ??
そう思って
It has a piece of strawberry on top of…???
やはりこの先はどう考えてもわかりませんでした(残念)

そこで先生がスラスラっと言ってくださったお手本のフレーズがこれです

最後に

今回の記事でご紹介したフィリピンの先生は★評価で言えばかなり高レベルの方です
でも、決して予約困難というわけではありません
まあ、DMM英会話には7000名もの先生がいるので、その中から自分に合う先生を探しだすということも大きな楽しみですね

さて、自分でもよく思うのですが、冠詞を忘れたり、時制がめちゃくちゃだったり、単数と複数が逆だったり…と、よくもまあヘンテコな英語をよく恥ずかしげもなくしゃべっているなと自分でも思います

でも、誰かが言っていました

間違いを恐れてはいけない
間違いを恐れて口をつぐむより
とりあえず話せ

この通りだと思います
間違いがあれば後で直せばいいだけなんですよね
(これ、自分に言い聞かせています)

今回の記事を読んで、DMM英会話ってレベル低いなって思わないでくださいね
低いというなら、それはぼくの英語力です
ただ、ぼくのようなレベルの英語に快く、笑顔を絶やさず付き合ってくださる先生方には心から感謝したいと思います

いずれ上級にいきますので…