オンライン英会話

バンディカム無料版でDMM英会話のレッスンを録画する方法

今回の記事ではオンライン英会話のレッスンを無料ソフトを使って録画する方法を解説します。

Windows10の場合はゲームバーというソフトが標準装備されていますので、それを使えばいいと思います。

でも、Windows10を使っていない方の場合は適当なソフトをインストールする必要があります。
そこでオススメしたいのがバンディカムというソフトの無料版です。

では、そのインストール方法から使い方まで詳しく解説します。

 

無料録画ソフトのバンディカムをインストールする

まず、下をクリックしていただいてバンディカムのページを開いてください。

https://www.bandicam.jp/

すると「ダウンロード(無料)」、「製品版購入」の2つのボタンが表示されますので、「ダウンロード(無料)」と書かれた方をクリックしてください。

時々、こういうボタンの形は変更になる可能性があるのですが、いずれにせよバンディカムには無料版と有料版の2種類があり、そのうちの無料版で十分である、ということを覚えておいていただければ迷うことはないと思います。

このページを開くともう一度「ダウンロード(無料版)」というボタンが出てきますので、再度クリックしてください。

後は画面の指示に従ってインストールまで行いましょう。
途中で課金されるようなことはありませんので安心してください。

 

【無料版と製品購入版の違い】
無料版は録画時間に制限がありますが、これについては後で詳しく説明します。
それと、無料版には録画した画面の上部にBANDICAMと書かれたロゴが小さく入ります。
でも、オンライン英会話のレッスンを録画するために使う程度であれば全然気にならないと思います。

 

DMM英会話の画面全体を録画できるように設定する

インストールまで行ったら、次は設定に入ります。

バンディカムはパソコン画面のどの部分を録画するかを自分で決めることができるのですが、DMM英会話のEikaiwa Liveの画面をそのまま録画するなら「フルスクリーン」という画面録画モードを選びます。(下図参照)

フルスクリーンのボタン

 

先生の声だけでなく、自分の声も録音されるようにする

インストールしたばかりの初期設定のバンディカムでは音声はパソコンから出て来るものだけを録音するようになっています。

しかしオンライン英会話で英語の勉強をするなら、ぜひとも自分の声も聴いてみたいものです。

そこで、自分の声も録音されるように設定する方法を解説します。

パソコン側の設定を確認

バンディカムの設定をする前に1つだけ確認しておきたいことがあります。

DMM英会話のレッスンを受けていらっしゃる方の中には、もしかしたらレッスン時だけパソコンのマイク機能をオンにし、レッスンが終わったらマイク機能をオフにしている人がいらっしゃるかもしれません。

それはそれでかまわないのですが、バンディカムの設定を調整する際はパソコンのマイク機能をオンにしておいてください。

Windowsの場合は次の手順でできると思います。

設定 → プライバシー → マイク →
「アプリがマイクにアクセスできるようにする」をオン

※バージョンによって表現が異なるかもしれません。

バンディカム側の設定をする

下の図のマイクのマークをクリックしてください。

マイクのマーク

すると「キャプチャー詳細設定」が出てきますので、その中の「追加オーディオデバイス」のところを見てください。

キャプチャー詳細設定

初期設定では「追加オーディオデバイス」の一番上のところが「使用しない(推奨)」となっています。

ここをクリックして「マイク」に変更してください。

私のパソコンでは「マイク」の後ろに(Realtek(R)Audio)と出てきますが、別に気にしなくてもかまいません

次に「音量」のところを調節します。

これは自分の声の大きさで、ここを100%にすると先生と自分の声とが同じ大きさで入ります。

そのままでもかまいませんが、私は自分の声はちょっとだけ小さめが良いと思ったので、ご覧のように57%にしています(ここら辺は適当です)。

さらにその下の「2つのオーディオデバイスの音声を1つのトラックにミックスする」にチェックを入れてください。
先生の声と自分の声とを別々に聞いたりはしないでしょうから、これでいいと思います。

ここまでできたら、一度上の図と見比べていただいてから、「OK」ボタンをクリックしてください。

 

無料版は1度に10分間しか録画できないため対策が必要

バンディカム無料版には1つだけ不便なところがあります。
それは1度に10分間しか録画できないことです。

そこで25分間のDMM英会話のレッスンを録画するには最低3回に分けて録画する必要があります

私の場合はだいたい「9分+9分+7分」くらいの配分で3回にわけて録画しています。

慣れないうちは最初の10分間だけ録画し、残りの15分間は録画を忘れていた、なんてことがあるかもしれません。
私はこれで何回も悔しい思いをしています

 

バンディカムを最前面に表示されるように設定する

実はバンディカムを後面に置き、パソコンのキー操作のみで録画開始・録画終了をする方法があります。
しかしその方法だと先ほど述べたように録画し忘れたり、あるいは録画できていなくても気づかない場合があります。

そうならないために、バンディカムを常に画面の最前面に置いておくことをおすすめします。

そこで「一般」(歯車マークのところ)をクリックすると下の図のような設定画面が出てきますので、その中の「常に最前面に表示」のところにチェックを入れてください。

「常に最前面に表示」をチェック

 

バンディカムを縮小してDMM英会話の画面左上端に置く

バンディカムを常に最前面に表示させるように設定したはいいけれど、じゃまになってはしかたありません。
そこでバンディカムの画面を縮小することにします。

下の図で赤ワクで囲った「への字」の部分をクリックしてください。

縮小ボタン

すると次のように縮小されます。

縮小されたバンディカム

それを次のようにDMM英会話のEikaiwa live画面の左上端に置きます。
私の場合、下の図のように左上端からさらに左側に少し突っ込む感じで置き、あまり場所をとらないようにしています。

画面の左上端に置いたところ

 

録画の仕方

録画する時にはバンディカムの REC と書かれた赤いボタンをクリックします。
すると録画が始まります。
再度、 REC をクリックすると録画が終了します。

そしてまた REC をクリックすると録画が始まります。

録画する時に気を付けるべきことは REC ボタンの左側にあるカウントが10分になる前にいったん録画を終了し、そしてまた録画を再開することです。

この時、 REC ボタンを2回続けてクリックすると

「録画終了」→「録画再開」

がスムーズに行われます。

録画が再開されたなら、必ずカウンターの表示を見て、またゼロからカウントが始まっていることを確認してください。

録画したものは初期設定では「ドキュメント」フォルダーの中に保存されるようになっています。

そのフォルダーの中に「Bandicam」というフォルダーが自動的に作成されているはずですから確認してください。

オンライン英会話のレッスン録画の利用法についてはこちらの記事が参考になります。

ブレイクスルー
オンライン英会話を録画して自分の限界を突破する方法 オンライン英会話のレッスンを受けていて、 「先生の話す英語が十分に聴き取れません」 という人がいらっしゃいます。 ある...
耳に手を当てて、よく聞こうとする人
オンライン英会話で講師の英語を聞き取れるようにする方法オンライン英会話で先生の話す英語が聞き取れなかった場合は聞き直せばよいだけですが、それだけではリスニング力の低さを根本的に解決することはできません。そこでもっと積極的に耳を鍛え、リスニング力を伸ばす方法をお伝えしたいと思います。...