英語関連書籍

ENGLISH GRAMMAR IN USEとオンライン英会話

最初はこわごわ始めたオンライン英会話のレッスン…
それもようやく軌道に乗ってくるとともに、自分自身の弱点も見えてきた…という方はいらっしゃいませんか?
実はこの記事を書いているぼく自身、いきなり英会話の勉強を始めたけれど、英文法の土台がまだアヤフヤだな…と考えるようになってきました

そこで取り寄せたのが、あの有名な『ENGLISH GRAMMAR IN USE』
日本で出版された文法書の中ではまだ見たこともないような発想で書かれた海外の文法書です
もちろんすべて英語で書かれていますが、日本語で書かれた英文法書よりむしろわかりやすいかもしれません
少なくともオンライン英会話をやっている方なら、そう感じるのではないでしょうか?

この記事では取り寄せたばかりの『ENGLISH GRAMMAR IN USE』の内容紹介とともに、中をざっと見た感想をまとめています
皆さん、すでにアマゾンのレビューなどでも情報を得ていらっしゃると思いますが、この記事ではオンライン英会話をやっている立場から感想を書いてみました
すでにオンライン英会話をやっている方にも、あるいはオンライン英会話を始めようかと考えている方にも参考になると思います
よろしかったらどうぞ…

ENGLISH GRAMMAR IN USEで英文法をやり直すことに

ぼくは今、DMM英会話をやっていますが、それを始めてまだ間もない頃は「英会話なんて中学英文法で十分」と思っていました
でも正直言って、最近、中学英文法だけではさすがに苦しくなってきました

英語についてはまだ全然「話せます!」と言えるレベルではありません
それでも多少オンライン英会話のレッスンに慣れてくると、先生もそれに合わせて難しめの質問をして来るようになったんですね

そうなると、もはや過去形と現在形だけでは太刀打ちできないことがわかったので、英文法をもう一度やっておこうと思ったのです

そこで何かよい参考書はないかと探した結果、あの有名な『ENGLISH GRAMMAR IN USE』を購入することに決めました
それで届いたのが下の写真です

ENGLISH GRAMMAR IN USEの表紙


最新の第5版で、中級編です
また、アメリカ英語版ではなく本家のイギリス英語版を買いました

巻末には英米それぞれの言い回しの違いが対照表のカタチで整理されています

イギリス英語とアメリカ英語について、ぼくは東京弁と関西弁くらいの違いはあるんだろうと思っていたのですが、実はそれほど変わらないんですね
だって巻末の英米対照表はわずか2ページしかありませんから

オンライン英会話のように英語で英語を学ぶ本

オンライン英会話のレッスンでは、普通、何かおかしな英語をしゃべると先生が英語で手直ししてくれますよね
口で言ったり、あるいはぼくが利用しているDMM英会話であればチャットボックスに正しい表現を書いてくれる場合もあります
当然のことながら、常に英語です

こういうレッスンをいつも受けていると、「英語の説明は英語で受ける」というのが普通に思えてきます
だから初めて『ENGLISH GRAMMAR IN USE』のページを開いた時も違和感は全くなく、むしろ親近感を持ちました

そしてページをめくりつつ、いつのまにか「へーッ」とか「ほー」とか「そうだったのかっ」と感心しながらを読んでいました
これは本当にいい勉強になります

アルファベットの上にLet's Studyと書かれたカードが載っている写真

オンライン英会話と併用するなら中級のENGLISH GRAMMAR IN USE

ところでこのシリーズには次の3種類があります
(細かく言えばイギリス英語版とアメリカ英語版、ebook付きか否かなどの分類もあります)

Essential Grammar in Use 初級編(赤表紙)
ENGLISH GRAMMAR IN USE 中級編(青表紙)
Advanced Grammar in Use 上級編(緑表紙)

この3種類のうち、上級編は最初から眼中になかったのですが、初級編を買うか中級編を買うかでかなり迷いました

ネットで調べたところ、「中級編がいいですよ」という人もいれば「初級編で十分、むしろ中級編など不必要」とまで断言する人がいました
このシリーズはそこらの書店では扱っていないので実物を手に取って中を確認することができません
アマゾンレビューでは初級、中級ともに絶賛されています

さあ、困った…
結局、ぼくは中級編に賭けてみることにしました

そして届いた中級の『ENGLISH GRAMMAR IN USE』の中身を見て、「ああ、これでよかった」と思いました
理由はこうです
オンライン英会話のレッスンでは、ぼくが適当にしゃべった英語に対し、先生が「こういうふうにセンテンスをまとめると英語らしい表現になりますよ」とチャットでお手本を返してくれます
その先生が書いてくれた英文と同水準のセンテンスがその中級編にはたくさん書かれていたからです

つまり「まだ完全には使いこなせないレベルの表現だけれど、目指すべきステージはこれだ!」というのが『ENGLISH GRAMMAR IN USE』(中級編)だったのです

正直言ってENGLISH GRAMMAR IN USE (第5版)のebookは不要

ぼくはこの『ENGLISH GRAMMAR IN USE』の第4版以前は知りません
でもネットの記事やアマゾンレビューなどを読むと、以前の版ではアプリをまず端末に入れた上で、そのアプリにケンブリッジ大学出版局からebookをダウンロードする形式だったみたいですね

でも、この『ENGLISH GRAMMAR IN USE 』(第5版)の場合、ebookはいわゆるダウンロード形式ではありません
ただ単に本の裏表紙に印字されていたコードを使い、ケンブリッジ大学出版局のサイトにアクセスするタイプのものです
つまりネットで誰かのホームページを見ているのと同じです

だからパソコンとiPhoneで同じ画面を同時に出すこともできます
また、例文を読み上げる機能も付いています(例文を読んでいる人はおそらくイギリス系の人でしょう)

ただ、1つだけ明らかに不便な部分があります
それは文字のフォントを変えられないことです
いや、正確に言えばブラウザ機能を使ってフォントを拡大縮小することはできます
でも、本のワク組みやイラストは固定レイアウトで大きさが変わらないため、文字だけ拡大すると文字が本のワクやイラストの上に重なってしまうのです
文字が小さいので本当は大きくして読みたいのですけどね…

ということで、このebook、ぼくは一生使わないと思います
まあ、最初から紙の本だけで十分ですけどね

文法の説明の仕方が面白く、しかも説得力がある

ところでこの『ENGLISH GRAMMAR IN USE』はどうやって使えばいいのか、という問題があります
そこで、ちょっとこの本の構成をご覧に入れたいと思います

ENGLISH GRAMMAR IN USEのページを開いた写真

このように左ページが解説、右ページが確認のための問題集となっています
そしてこの本の何がいいかと言うと、それは左ページの解説の仕方です
この説明がもうめちゃくちゃユニークなんです

ふつう、文法を説明する場合、文法的に説明するじゃないですか…
当然ですけどね

でも、この本は違うんです
ある文法事項を説明する時、ちゃんと名前を持った人物を1人か2人登場させます
その上で、
「こういう場合にShe is learning Italian.と表現するんだよ」
と、その状況説明によって文法を理解させようとしてくれるのです

こんなに個性的で、おもしろく、そして説得力のある文法の説明は読んだことがありません

一応、Present continuous(現在進行)とかPresent perfect(現在完了)といった言葉は出てきますが、それらの言葉は日本の英文法書のように太字にはなっていません
そういう文法学者が後から作ったような文法概念をさほど気にすることなく英語が勉強できるので、新しい言語を覚えるのにそもそも文法用語など必要なかったのではないか、とさえ思えてきます

あえて言えば赤ちゃんが周囲のいろんな状況を見ながら言葉を覚えていく過程を再現している本だとも言えるでしょう

赤ちゃんの写真

ENGLISH GRAMMAR IN USEは身がまえて読む本ではない

『ENGLISH GRAMMAR IN USE』を購入したとはいえ、今後もオンライン英会話中心でやっていくことに変わりはありません
しかしレッスンの合い間にこの本で肉付けしていくつもりです

先ほども書いたように、ぼくはebookは使わないでしょう
そのかわり、この本を読んでいると文章から生きた肉声が聞こえてくるような気がします
それはたぶん、使われている例文が日常生活から切り取ったようなシーンばかりだからでしょう
生きている文法書
そんな感じの本ですね
すべて英語で書かれているけれども、文法臭くない文法書

文法書だと思って身がまえて読む本ではありません
リラックスして楽しむ本だと思います
皆さんもよろしければ暇つぶしにいかがですか?